頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
DMMカード

個人的な2020年冬アニメ(2021年1月~3月)アニメランキング| 「ワンダーエッグプライオリティ」と「ウマ娘」が圧倒的二強なシーズンだった

www.animatetimes.com

個人の感想なので、異論は認めるけど求めてはいません。


1位 ワンダーエッグ・プライオリティ
10話までは間違いなく今季で一番面白かった。グラフィック・演出・ストーリーともにガチッとはまっててさすがCloverWorksさんやで。今季一つだけ見るべきアニメ選べって言われたらこれをお勧めする。青春ってこういうドロッとした要素があってなんぼだと思うんや。


ただ、終わり方が微妙というか……11話から急速に物語をたたみに来てしかも回収しきれずに6月に特別編ありますっていう展開はメシマズすぎてつらい。12話で終わってしまったら「魔法少女まどか★マギカ」のなり損ねみたいな作品になっちゃうのでマジで特別編頼むでしかし……。


話が進むにつれて何度も見返して楽しめるこの作品こそprime videoやnetflixの「見放題」との相性が最高の作品であったはずなのに、なぜかニコニコでその週の放送を見るしかできなかったのがほんとに残念。dアニメストアに加入する機会があればこの作品は絶対に見直したい



ちなみに、私は本作品に登場する「フリル」というキャラクターを見ていて搾精研究所の「無限射精拷問」っていう作品に登場する「Ω」っていうキャラクターを思い出しました。






2位 ウマ娘・プリティダービーSeason2
おもしろかったのは間違いないし、ウマ娘というコンテンツから競馬にどっぷりハマったのは間違いないのだけれどアニメ自体を高く評価してるかというとそれほどでもない。
やはり史実の面白さに依存している部分が大きいし、史実からそれた部分や史実を上回れない部分については不満がちらほらある。


キャラクターは元ネタが名馬ばかりなので最高なのだけれどそれはこの作品自体の評価としてよいのか今一つ自信が持てない。



ただ、この作品では久々にアニメを見ながら泣くっていう体験をした。

2話でも泣いたし、9話でも10話でも泣いた。

そういうプリミティブな感情を刺激してくれる作品だったと思う。

おそらく競走馬が文字通り命がけで戦う競馬という競技自体にそういうパワーがあるのだろう。

www.youtube.com




競馬というもののすごさを知れたのは間違いなくこの作品のおかげ。感謝しかない。


集中力が無い馬で、1回だけ乗った岡部騎手が「ちゃんと調教してるのか?」みたいなことを言ったそうである。夏は暑いから嫌い、雨も砂被りも嫌い、もまれる競馬も嫌い。気分良く走れば素晴らしい末脚を発揮するのだが、ちょっとでも嫌な事があるとレースを投げてしまう。「良血お坊ちゃま」というイメージそのままの我侭馬だったのである。走るフォームも首が高く、いかにも未完成。才能を発揮し切れなかった「勿体ない」馬だった

2018年5月27日。キングヘイローのダービーから20年の時を経てワグネリアンに騎乗した福永祐一は遂にダービーを制覇した。デビュー戦から跨り、東京スポーツ杯を勝ち、弥生賞・皐月賞敗戦の流れはキングヘイローと同じである。あの時のダービーとは打って変わって冷静に騎乗し、高速馬場を見越して先行させ、最後の最後で交わせたのは福永の成長があったからこそであり、キングヘイローのリベンジを果たしたと言って良いだろう。
2019年3月19日、その福永祐一が日本ダービーを勝った事で安心したのか、繋養先の優駿スタリオンステーションで老衰のため24歳でこの世を去った。奇しくも自身が勝利した高松宮記念を週末(3月24日)に控えたタイミングである。

大阪杯ワグネリアン頑張ってくれ……(買ったのはグランアレグリアだけど)



3位 ゆるキャン△ SEASON2
今季、他のアニメを見る気がしなかったかわりに、この作品をリピートで何度も再生してた気がする。
ウマ娘のせいで涙腺が緩くなった後は、何気ないシーンでカメラが引いて世界がブワッと広がる描写見てるだけで涙がボロボロ出た。

『ゆるキャン△SEASON2』第1巻 [Blu-ray]

『ゆるキャン△SEASON2』第1巻 [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/03/24
  • メディア: Blu-ray



4位 のんのんびより のんすとっぷ

無印の時は本作のことは全く評価してなかったのに、なんかもう完全に癖になってしまった。



5位 弱キャラ友崎くん

OP曲好きすぎるのと主人公がちゃんと頑張るマンというだけで最後まで見れた。
これぞライトノベル作品という感じで、
他の作品と違ってよい意味でとてもシンプルでカロリーが低い。それでいて筋道もわかりやすかった。
特筆「これが本作を見るべき理由だ!」っていえるところがないのに最後まで全く問題なく見れたの逆にすごい



6位 はたらく細胞&はたらく細胞!!BLACK

原作通りとしか言いようがない。



7位 八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ

短いわりに満足感高い。



8位 ひぐらしのなく頃に 業
個人的には超絶クソアニメなのだけれどここまで見た以上最後まで付き合うつもり。



途中で見るのやめた作品

今回は自分の中でワンエグとウマ娘の2つが強すぎて他はどうでもいいって気分になってどんどん見るのやめてしまった。
Reゼロだけは余裕が出来たらアニメ見放題の方で追いつきたいと思うけど、残りはもう捨てるしかないと思う。


たぶん4月以降はもっと見る作品減ると思う。
自分の中で「ウマ娘」が一つのラインになってしまった気がするのでこの先アニメを素直に楽しめるかちょっと不安。


〇岸辺露伴は動かない
〇無職転生 ~異世界行ったら本気だす~


△Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(後半クール)
△SK∞ エスケーエイト
△裏世界ピクニック
△五等分の花嫁∬

×ホリミヤ
×バック・アロウ
×天地創造デザイン部
×IDOLY PRIDE
×蜘蛛ですが、なにか?
×7SEEDS(第2期)