頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

ラノベ作家が語るアフガンの歴史について

ちょっと危なっかしいツイートを紹介するので前提知識から。

ja.wikipedia.org

1960年代に立憲君主制の導入に踏み切り、その後出版や政党の設立の自由を認め、日本やイギリスの資本導入を行うなど民主化路線を敷いたが、冷戦下において東西両陣営とのバランスを取った外交を行った

1973年7月18日から病気療養のためにイタリアのローマに滞在している最中、ダーウード元首相によるクーデターが発生、8月24日に廃位となり、そのまま帰国することなくイタリアに亡命した。ソ連のアフガニスタン侵攻についで起きたアフガニスタン内戦においては、一部のパシュトゥーン人勢力や諸外国により和平の中核になることを期待されたが、表立った行動を取ることはなかった。
ターリバーン政権崩壊後、2002年4月に28年ぶりに帰国、ハーミド・カルザイ大統領に歓迎され[1]、カルザイから「国父(ババ=エ=ミラート)」の称号を贈られたが、本人や旧王家の人々が復位を特に求めなかった事もあり、王政復古することはなかった

アフガン紛争について

ja.wikipedia.org
1978年 流血革命が起きて社会主義国家になる

1978年 これに対し、全土でムジャーヒディーンが蜂起、①アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)が始まる。1987年に共和国に戻る。

1989年 ソ連軍が撤退。国内の支配をめぐって②アフガニスタン紛争 (1989年-2001年)が始まる

1992年 イスラム協会、ラッバーニー派主導によるアフガニスタン・イスラム国が成立。

1996年、ターリバーンがカーブルを占領し、アフガニスタン・イスラム首長国の成立を宣言する。
アフガニスタン・イスラム国政府とムジャーヒディーンの一部が反ターリバーンで一致、北部同盟となる。
同年に、スーダンから追放されたビン=ラーディンの率いるアル・カーイダがアフガニスタン国内に入り、ターリバーンと接近する。


1999年、ターリバーン支配地域に対する経済制裁を定めた国際連合安全保障理事会決議




同時多発テロによる米軍参入からISAFの終了まで

2001年   9月11日 アメリカ同時多発テロ事件

2001年   10月③アフガニスタン紛争 (2001年-)が開始

2001年   12月に「アフガニスタン・イスラム暫定政府」が成立。ラバニ大統領からカルザイ暫定行政機構議長に政権が委譲

2004年   1月、新憲法が発布されてアフガニスタン新共和国成立


2006年~  南部・南東部・東部を中心にターリバーンの攻撃が増加

2010年   国際治安支援部隊(ISAF)からアフガニスタン政府への治安権限の移譲が始まった

2011年   アメリカ軍がパキスタンでビン=ラーディンを殺害。アメリカ合衆国の駐留軍は約10万人に達したが、年内に1万人、2012年夏までに3万3000人の兵員を削減すると発表するが、実際には翌年も約10万人の国際治安支援部隊(ISAF)がアフガニスタンに展開することになった。

2013年   国際治安支援部隊(ISAF)からアフガニスタン政府への治安権限の移譲の対象が全国に拡大

2014年   4月にアシュラフ・ガニーがアフガニスタン第二代大統領に就任。12月、国際治安支援部隊(ISAF)が終了。治安はアフガニスタン治安部隊(ANSF)が独力で維持することになった


私が把握してたのはこのあたりまで。このあたりからテレビを捨て、新聞も見なくなった弊害もあり全然理解できてなかった。


イスラム国とタリバーンの勢力拡大

2015年  イスラム国が「ホラサン州」(ISIL-K)の設置を宣言し、アフガニスタンで活動を始めた。バラク・オバマ大統領はアメリカ軍(9800人)の完全撤退を断念

2016年  ターリバーンは和平交渉を拒否。国家統一政府ではガニー大統領とアブドラ行政長官との関係が悪化し、閣僚7人が弾劾された。

2017年  トランプ大統領は「対アフガニスタン・南アジア戦略」を発表し、状況の悪化を防ぐために増派(約4000人)を決定した。この時点ですでに政府の支配地域が6割に減少していた。
     11月、北大西洋条約機構(NATO)は確固たる支援任務(約1万3000人)に対して3000人の増派を決定

2019年  大統領選挙が実施。翌年アブドラ・アブドラとアシュラフ・ガニー大統領で政治権力を分け合うことで合意文書に署名

2021年  4月にバイデン大統領は、2021年9月11日までに駐留米軍を完全撤退させると発表。
     8月ターリバーンは主要都市を次々に制圧。2021年8月15日には首都カーブルに迫り、全土を支配下に置いたと宣言

「現時点では」タリバン政権は旧ターリバーン政権と違い、「女性が教育を受け、仕事をできるようにするのがわれわれの政策だ」などと女性の権利を尊重することを強調している。

togetter.com



こういった流れを踏まえたうえで以下のツイートを読んでください。




ラノベ作家が語るアフガンの歴史


日本の明治維新に例えての説明


剣と魔法の税金対策はめっちゃ面白いのでお勧め。コミカライズもスタートしました。



アフガン最後の王「ザーヒル・シャー」の話


実際は都市化したのは首都カブール周辺だけだったらしい




軍事面を中心に見たアフガンの歴史