この夜が明けるまであと百万の祈り

発達障害者としての生き方によく悩んでます。いろいろあって今現在は教育系の出版社でつとめてます。普段は自分が好きなマンガの話してます

「King of Prism SSS」をプリパラ好きの男オタクが見た感想

一部のお姉さま方に大人気ということだけしか知らず後は全く前知識なしにアニメ1話を見たら情報量が多すぎる上に登場人物全員(いい意味で)頭おかしいやつばっかりでついていけませんでした。これアニメ1話としてはめちゃくちゃでき悪くないですか?

わからないなりに「プリパラ」みたいだなって思ったんですが、だいたいあってるっぽい。ちょっとまだ感覚がうまく合わないところあるけどこれは楽しそうなので最後まで見ようと思います。


プリティーリズムシリーズの男版だというのも初めて知った

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(キング・オブ・プリズム バイ プリティーリズム)は、2016年に公開された日本のアニメーション映画。2013年に放送されたテレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフ作品『レインボーライブ』に登場した男子プリズムスター3人がテレビシリーズ最終話で新ユニット・Over The Rainbowを結成して以降のエピソードを描く

https://ja.wikipedia.org/wiki/KING_OF_PRISM_by_PrettyRhythm

そもそもプリティーリズムシリーズの作品だったということを初めて知った……。


しかも、実はすでに3シーズン目の作品だった

ただ、プリパラで耐性があるはずの私でも、本当に1話だけ見たら何が何だかよくわからないです。

こちらもWikipediaを見たらこの前に2作品分の積み重ねがあるみたいです。

プリティーリズムシリーズの派生作品『KING OF PRISM』シリーズの3作目でもある。

略称は『スッスッス』

スッスッス……それでいいのか君たち……。


今までに出ている作品は順番に並べると

・プリティーリズム・レインボーライブ
 ここで「蓮城寺べる」率いるエーデルローズが初登場する。「over the rainbow」も「プリズムボーイズ」という名前で登場してた……ごめんこのころはまじめに見てなかったので記憶にない。 

プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX 2

プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX 2

・KING OF PRISM by PrettyRhythm

・KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

・King of Prism SSS

ということなので、ちゃんと見ないとついていけない感じかなー。
それならそれで、なんで地上波アニメにしたんだろ?


前に作品についてWikipadiaに載ってる概要だけ読んだ印象は音声で上げておきますね。
(今回はちょっと収録ミスってしまって音がひどいです)
https://www.youtube.com/watch?v=arv3ozGg2NU
https://www.youtube.com/watch?v=X8qWflvz6_w

あらためて、1作品目、2作品目を見てからじゃないと十分に楽しめないという確信を得たので先にチェックしてみます。

King of Prismの過去2作品+SSSが視聴できるWebサービスをチェックしてみた

・dTV(エイベックス)だと月額500円。一か月無料。


・dアニメストア(ドコモ)だと月額400円。一か月無料。



・UNEXT(UNEXT)だと月額1990円(毎月ポイント1200円がキャッシュバックされるので使い道がある人なら実質は720円)。1か月無料



今回は、1シーズン目がニコニコ動画で観られる「dアニメストア」で見てからあらためて感想を述べてみようと思います。
(「ニコニコ動画」支店ではまだ一作品目しか見れないみたいですね……)

f:id:tyoshiki:20190421134207j:plain
ch.nicovideo.jp


映画版第一作感想 概要をWikipediaで読んだだけではわからないぶっ飛びぶり

①「プリパラ」じゃなくてあくまで「プリティーリズム・レインボーライブ」がベースになってる
ただ、メイキングドラマの雰囲気がプリティーリズムとちょっと違った。

基本は同じなんだけど、プリティーリズムやプリパラの場合は「アイドルの女の子同士の友情」とかそっち側がメインなのだけれど、キンプリの場合、平気で女の子がドラマの中に入ってきてて、これかなり私的には違和感があった。女性陣にはこっちのほうがいいのかな?アイドル好きな女性って、アイドルが輝いてるのを見るだけじゃなくて、直接触れられたいとかそういう欲求が強いってことなのかな? でも「夢色キャスト」とかはそうでもなかったし……

とか思ってたたら冒頭のライブ以外はそこまでプリパラとかと違いはなかった。とにかく今から見ようとする人は冒頭のはあんまり気にせず見ればよいですね。


②先輩グループの「over the rainbow」の説明が長い割には消化不良……
あと、映画版、すでにあった作品のダイジェストを見せられてるような気持になったんだけどそういうわけじゃないんだよね? 主人公の先輩グループである「over the rainbow」の説明がめちゃくちゃ長い上にレベルが違いすぎて主人公のシンくんが空気状態。 ヒロとコウジの関係とか、カズキの関係とかもうちょいさりげなくやってよw 

「二世代ものをやる」っていうコンセプトなのだろうとは思うので、1作目は仕方ないのかな。プリパラだとものすごい丁寧にやってたのでなんかすごい雑に見えた。 2作目がすごく面白そうになりそうな雰囲気は感じた。


③なんか普通の日常パートでエフェクト使い過ぎじゃないですかね
しょっちゅうキラキラしたり変な波紋を出してるのでそれに慣れてしまうと、ライブパートとのギャップが物足りない感じになるかなーと。 というか、全体的に男の子たちは日常パートでもキラキラしてるよね。このあたりもプリパラとかとちょっと違う感じ。



④「エーデルローズの分裂」とか「ストリート系VSアカデミー系」とかいろいろ整理して理解するの難しくない? 素直に楽しみにくい。



ライブだけじゃないバトルシーン描写の発想は天才だと思った。ドラゴンボールかよwwwってゲラゲラ笑いながら見てた。 コウジが直前で投げキッスした後でめっちゃシリアス顔するの笑う。



⑥やっぱり私はプリティーリズムシリーズでは3Dのライブを見たいんだよ……。3Dアニメが素晴らしかっただけに、over the rainbowの引退ライブが手描きだった上になんか微妙だったのがつらい。



⑥over the rainbowの解散ライブの後にシンが登場したときの観客の声要らんかったやろ……愛するアイドルグループが解散して悲しいのはわかるけどそういう声を入れてくるのとかほんとに要らんやろ……。なんというか、④でも思ったけど、全体的にギスギス度が高いの気になるなぁ。プリパラやレインボーライブでもギスギス展開は当然あったけど、根っこの部分として悪人がいないってのが好きだったんだけど、なんでこういうギスギス要素をいれてくるんや……。



⑦「over the sunshine」の3Dライブはとても良かった。ただ、それだけにシンくんがライブに入るまでの積み重ねがすごい弱いのが残念。 でもやはりプリティーリズムシリーズのライブは最高やなって。 最後にプリティーリズム・レインボーライブの女キャラが出てくるのもぐっと来た。 



⑧どうでもいいけど、やたらと脱がせたがるのやめろwww  女性も男の裸めっちゃ観たがってますや~んwww もうほんとネットフェミどもの表現規制問題とかアホらしいなってあらためて思ったw


5月3日追記 「妹の姉」について

こういう記事があったのだけど。
藤本タツキ『妹の姉』の問題点 - ろくの日記

現実においては性消費・性の露出具合において明確に男女差がある(差別かどうかは要議論だが)のは間違いない。そのためろくさんの問題意識はそこから来ていると思う。私はろくさんの感覚を否定する気は全くなく、リアルの話ならものすごく大事だと思う。頭ごなしに否定するはてブの人たちの理屈はよくわからん、、、

しかし、こと二次元においては逆にろくさんの感覚がよくわからない。女性向け作品も性の描写はかなり奔放なのではないかと思う。個人的に少女漫画読んできて思うのは、女系向けも性の空想化は激しいし、容赦なく男(特に少年を)の裸を描いきたと思ってる。そしてそれを女性は問題なく受け入れてきたのではないか?すくなくとも私が漫画でスケベではなく直接的なセッ○スそのものに触れたのは少女漫画が先だ。それが男オタクどもに届いたりはしてないので、男同士の裸を描いたところでミラーリングにはならず単に女性たちが自分たちで消費するだけだろう。

なので、ろくさんは、藤本さんに男同士を描けというよりは、あなたがいままで読んできた男同士描いた作品から関連作品を提示してもらったほうが良かった。

あえて言えば、女性向けの場合は公共の場では身体を意に反して晒されることはあまりないようにも思う。妹の姉で、主人公を取り巻く世界は確かに非常に気持ち悪く、安達哲の「さくらの唄」を思い起こさせる。メタファーを読み取れないのかとドヤ顔で語ってるはてブがいるが、そこまで言うなら具体的に自分の読解を語れば?別にこの作品で作者が描きたいテーマを描くために女性の身体が大衆に晒されることは必然ではない。やはりインパクトという効果を大いに狙ってのあえてのインモラル設定であるので、その点を批判されるのはむしろ作者の狙い通りであろう。そこを必死で擁護するはてブの方々はなんかズレてる気もする。


とにかく私は、男でも女でも、必然性のない裸描写については「なんで脱がす必要があるんですかwww」ってツッコミ入れればいいと思うんだけど。

まじでキンプリは不必要に男の裸が大量に出てくるので思わず笑ってしまったのだが、女性の場合は現実を想起してここでいちいち不快感を感じてしまって作品が楽しめない人がいるのだと思うと気の毒である。

「二次元ではなく、現実における問題は」解決していきたいですね。でもそこで二次元を取り締まろうという主張をする人は、気持ちはわかるけどとんでもないバカだと思うよ。いやほんとに。


over the rainbowの話はゲームで補完されてるらしい

PVによると、まさに1作目を見たときに不満だった先輩グループ「over the rainbow」を中心とした前日譚が描かれる作品になっているらしい。


「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」ゲーム紹介PV

本当にキンプリが好きな人はこれもプレイしてようやくストーリーが補完できる感じか。

www.syn-sophia.co.jp
製作はタカラトミーとシンソフィアで楽曲はavexからか。。。

アプリの売り上げも結構好調なんやね…… 
http://applion.jp/iphone/app/1242796709/market/