頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
DMMカード

マンガ

かっこういい老人が苦悩する若者の魂を救う漫画「天地明察」と「その女、ジルバ」

kaigo.homes.co.jp ・自分を初学者の立ち位置に置くことを躊躇しない ・学んだことを何らかの形で発信する ・他人に対する期待値を高くし過ぎないこれって、「『現在に老いる』ということを最大限利用した、いい感じの老い方」の秘訣(ひけつ)といってもい…

成功すればいいけど成功してないYouTuberの子供に生まれるのはかなりつらい……と思ってしまった「好きなことして生きていく」 

昨日は人生をゲームとしてとらえて取り組むことの正の側面を描いた作品を紹介しましたが、 www.tyoshiki.com 今日は負の側面を紹介するマンガの紹介です。 悪い意味で「リアルとゲームの区別が」つかない人間が引き起こした惨劇がテーマのお話です。 まずは…

「優駿劇場」 2巻にツインターボ、3巻にトウカイテイオーとスペシャルウィークが登場する模様

めちゃコミで1巻●●無料だったので読みました。sp.comics.mecha.ccマンガを見た後で実際のレースを観るといろいろと捗る……。 (1)1996年 第44回阪神大賞典 三冠馬ナリタブライアンと最強馬マヤノトップガンの対決 (2)1995年 第111回天皇賞春 震災直後の…

「銀の匙」 学校教育とは何かについて名言の数々が飛び出すマンガ

日本で一番面白いマンガともいわれる「鋼の錬金術師」の荒川弘の描く学園青春ドラマ。 かつて駒場が学校をやめるあたりまで読んで、そのあたりで休載かなにかがあって読まなくなったままでした。 ウマ娘で気持ちが盛り上がってるところで「そういえば、この…

「私の息子が異世界に転生したっぽい」 二重の意味で物語が人を救うというテーマを描いた作品。とても好き

www.ippaikaasan.comkindle版は100円で買えますが、そもそも本編は上のブログで全部無料で読めます。まずはブログの方で読んでくださいませ。個人的には、この作者さんの前の「伝説のお母さん」はメタ視点が強すぎると感じられて好きになれなかったのだけれ…

「紛争でしたら八田まで」 マスターキートンが好きな人は絶対に読もう!ちょうど1巻がミャンマー編です

【おすすめ度★★★★★ 傑作なのでみんな読もう】今まで何回かブログで言及してたから目にしたことが有ると思うけど、「地政学コンサルタント」を主人公とした物語です。 めっちゃ面白いです。 マスターキートンが好きな人は「女版平賀キートン」だと思って読め…

「茜新地花屋散華」など心をえぐってくる系のマンガ作品

気になるコメントを見つけた。 「優しい世界かつ登場人物の言動の裏を読まなくていい作品が好みの人」があめりおじさんや にくまん子や 君痛や『愛と呪い』や『誰も懲りない』や 『ノラと雑草』や『茜新地花屋散華』や 『死ぬときはまばゆく』や『ひとりぼっ…

「不死の猟犬」 まるまる1巻使って導入編をやってくれる作品は名作

素晴らしいマンガ体験。 この作品、「惚れた方が負け(=死ぬ)」というテーマを究極的に突き詰めた設定になっている作品なのですが。 まず、第一話の時点できれいに話としてまとまってて上手いなぁって思わされます。 かなり無茶な設定をちゃんと飲み込ませ…

起承転結の「転」が面白いマンガを作るための秘訣とは……|「漫画家家庭教師なお先生~新人漫画賞を獲るための簡単ストーリー創作法~」2巻

前回紹介した「漫画家家庭教師なお先生~新人漫画賞を獲るための簡単ストーリー創作法~」1巻の続きです。www.tyoshiki.comwww.tyoshiki.com 1巻ではバズりやすい4コマ漫画の作り方と、漫画の基本文法(パワーワードと情報統制)の説明でした。 1巻の時…

「万能鑑定士Qの事件簿」2巻  勉強は「まじめに」やろうとしないほうが効果が上がる

タイトルの「万能鑑定士Q」というタイトルが気になって読み始めた作品。ピッコマで2巻まで無料だったので読みましたが面白かったので一気に続きも買いました。 21日まではDMM電子書籍で半額ポイント還元セール中です。 al.dmm.com 万能鑑定士Qって何? これ…

接客も大事だが、それ以上に「顧客管理」を制するものが水商売を制す! ロジカルなキャバクラ経営マンガ「ヒマチの嬢王」

「まんが王国」のトップページで1月25日までは1~2巻が無料となっていたのでさっそく読んでみました。(3巻は無料期間終了してます) まんが王国|無料漫画・電子コミックが3000作品以上!お得感No.1導入部分が立ち上がり遅くてちょっと魅力薄いのですが、4…

「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?」コミック版2話

www.tyoshiki.com※原作はエロゲですが、コミック版は全年齢版です現時点で最も人気がある作品。2018年に発売されたにもかかわらず2020年のFANZA売上ランキングでも1位です。2年にわたり首位をキープというのは、累計販売本数100万を越える「ランスシリーズ…

「Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点EX 深海電脳楽土 SE.RA.PH」 個人的にFGOの中でももっと好きなエピソードのコミック版。オリジナル要素も加わって満足度高い

作画は「ウメハラ」のコミック版を担当した西出ケンゴロー氏。格ゲー漫画の人ということでバトル描写がとても良いです。 個人的にFGOの中で最も好きなエピソードです。第一部終章よりも、第二部五章よりも好きです。 好きすぎてfate extra CCCも後追いでプレ…

「金剛寺さんは面倒くさい」 第四の壁を越えて読者であるこちらにも幸せをおすそ分けしてくれるようなラブラブバカップルの話

お薦め度★★★(個人的にお気に入り度★★★★★) 読者諸氏にだけこっそりと伝えるが、この物語は必ずハッピーエンドを迎えるッ!!!必ずだ!! マンガとしてかなりぶっ飛んだ作品なので、とにかく「個性が強い」「ほかで見たことがない」マンガを読みたいって思…

「わたしがモテないのはどう考えてもお前らが悪い」 13巻からのハーレムぶりともこっちの成長ぶりがグっとくる

11~12巻の修学旅行から私の中では完全に別の作品になってしまった「わたモテ」ですが(実際には3年生になった10巻あたりからはいろいろ伏線は貼ってある)そのせいでなかなか頭が切り替えられなかったため12巻で読むのをやめてしばらく読んでなかったんです…

京極堂シリーズスピンオフ作品「中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。」:「日常の謎」レベルの軽い推理もの。入門としておすすめ

最近京極堂シリーズのコミカライズ版を紹介していってる最中なので、ついでにこの作品も紹介しておこう。 seiga.nicovideo.jp 『姑獲鳥の夏』よりも前――、あの京極堂が高校講師として中禅寺先生と呼ばれていた時代を描く完全オリジナルスピンオフ!! 学園×…

京極堂シリーズ5作目「鉄鼠の檻」 HUNTER×HUNTERの王位継承戦のように、大人数がそれぞれの派閥に分かれていがみあう面白い話。禅の勉強にもなる

DMM電子書籍で「百鬼夜行シリーズ」の30%還元セールをやってたので未読だった作品を一挙に購入しました。 鉄鼠の檻 「鉄鼠の檻」はシリーズ5作目です。(順番としては姑獲鳥の夏→魍魎の匣→狂骨の夢→絡新婦の理→鉄鼠の檻→塗仏の宴→それ以降は読んでないから知…

京極堂シリーズ3作目「狂骨の夢」 三つ巴の髑髏争奪戦ととりかえばやの合わせ技で非常に複雑な物語だが、ラストシーンの朱美の叫びが爽快。

今DMM電子書籍で京極夏彦の百鬼夜行シリーズ(京極堂が出てくる作品)のコミカライズ版が30%還元セールをやっているのでさっそく購入して読みました。シリーズとしては「姑獲鳥の夏」→「魍魎の匣」→「狂骨の夢」→「絡新婦の理」→「鉄鼠の檻」となっています…

「任侠転生―異世界のヤクザ姫―」 ワンピースも鬼滅も「任侠」マンガだし「任侠×異世界」は最強じゃね?

前の記事で紹介した決闘裁判は、法無き世界(特に辺縁)において苦肉の策として用いられた自力救済の世界と、キリスト教の運命論がいびつに結びついた歴史の徒花であった。 では、キリスト教のない中国や日本ではその位置に何が居座っていたか。日本における…

「どるから」3巻 パパ活やる前に「愛人契約」の松竹梅を理解しておこう

「どるから」の3巻ではパパ活をやろうとする女子2人に対して、 女子高生に転生した石井館長が知識を授ける話が出てきます。 パパ活自体は「愛人契約」の一種だと思えば個人の問題だが、男と女の知識差が大きすぎるのが問題 杏が考えた末で出した結論なら、ワ…

「シャングリラ・フロンティア」 縛りプレイややり込みプレイを楽しんだことがある人なら絶対に楽しめる作品

表紙で損している印象はあるけれど、めちゃくちゃ面白いです。 クソゲーでゲームスキルを鍛えまくった主人公がちょっとしたきっかけでまともなゲームをやることになるが、すごい変則的なプレイをすることになる。 →そうするとゲームに秘められた数々の隠し要…

「どるから」6巻 K-1の立役者が「JK-1」を開催する展開になってここからが本番

おっさん(空手家&K1の立役者である名プロデューサー)が女子高生に転生して、アイドルになったり空手道場運営したり、やっぱり格闘イベントの企画・プロモーションをやったりと縦横無尽に暴れまわるお話。www.tyoshiki.comとにかく面白そうな要素をおしま…

「七つの魔剣が支配する」 ハリーポッターのような魔法学園ものだが、より多様性を感じさせる良作

「ラノベ好き書店員大賞2019」で優勝した作品のコミカライズを、「未来日記」のえすのサカエさんが担当というぜいたくな作品。前作「ねじまき精霊戦記アルデラミン」も壮大な世界観のもとできちんと戦記もののストーリーを描き切り、最終的にSF要素も絡ん…

「アカメが斬る」のタカヒロ原作「魔都精兵のスレイブ」|すがすがしいまでに欲望に忠実な作品

www.tyoshiki.comで紹介したタカヒロさんの最新作です。凛々しい女軍人の犬になってヒーローとして活躍するぞ!ついでにご褒美ももらっちゃうぞ!って感じでチェンソーマンのデンジくんの理想としていた生活がこの作品では描かれます。 タカヒロさんの作品は…

「金田一37歳の事件簿」  第1の事件から第5の事件まとめ

累計1億部突破。「イブニング」という雑誌の売り上げを一手に支えているといっても過言ではないくらい頻繁に表紙に出てくる作品。 その分広告とか企画の宣伝みたいなのが多くてちょっとモニョるところもありますが、相変わらず面白い。 私は基本的に推理系の…

「可愛そうにね、元気くん」(56話~57話) フェミニズムではなく「男嫌い」で弟を虐待する姉の姿がエグイお話

「可愛そうにね、元気くん」の感想続き。 本作品はどの登場人物も「過去の環境のせいで」性癖が大きくゆがんでしまっているのですが、元気くんがドMになってしまった理由もやはりかなりえぐいです。まだ単行本化されていない部分なので、改めて単行本で収録…

「可愛そうにね、元気くん」 ポリコレでは描けない・救えない者たちを描く作品

お気に入り度★★★★(人を選ぶのでお勧め度は低め) おかしかったら幸せになれないの?その他大勢の幸せに合わせなきゃいけないの? 「1巻だけ読んで判断するなかれ」な作品。1巻の元気くんは「好きな女の子(八千緑さん)のリョナ創作を描いて満足する変態野…

「ひゃくえむ。」 はてな民が大好きな「自己肯定感」についておそらく終着点に近いところまで掘り下げて描かれた作品

今後はてなで「自己肯定」という言葉について何かを語るのであれば、まずこの「ひゃくえむ。」を読んでからにしてほしい、と言いたい。 そのくらい「自己肯定」について一生懸命掘り下げて描かれている作品。 「陸上漫画」としてではなく「なにかに挑んだり…

「ひゃくえむ」で話題になった魚豊先生のビッグコミックスピリッツの新連載「チ。地球の運動について」が激アツなのでオススメ!

お勧め度★★★★★(2話の段階で★5つけたの初めてかもしれない)毎週の連載を楽しみにしてる漫画はいろいろありますが、個人的に今すごいお気に入りなのが「紛争でしたら八田まで」と「バトルグラウンドワーカーズ」と「チ。」です。紛争でしたら八田まで(1…

「女の体をゆるすまで」  ハラスメントというのは「女性が女性の身体性を許せなくなる」ことがあるほどに凶悪だなという話

yawaspi.com読みました。「パワハラ・セクハラ」の合わさった行為によって、一人の女性が 自分が女性であるということそのものを許せなくなるほどの深刻な呪いを受けたということを高い表現力で描いた漫画。 https://yawaspi.com/yurusumade/comic/002_001.h…