頭の上にミカンをのせる(&1年かけて整体する)

「命令されなきゃ、憎むこともできないの?」(ブルーアーカイブ#3 エデン条約編3.私たちの物語)

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
絶対に痩せるぞ2023年
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

発達障害

「発達障害の人は〇〇が苦手です→理解しましょう」じゃねえんだよ。理解の仕方を書けよ!・・・というコメントに回答してみる

わかるわかるよ。これは当然すぎる本音だと思う。定型の人は、発達障害の「個人」を理解しようとしなくていい。それは専門家でもないと無理です - 頭の上にミカンをのせる(&1年かけて整体する)子どもが区(園)から「発達障害の人は〇〇が苦手です→理解しま…

「アスペル・カノジョ」は信仰型恋愛の物語だった、といわれるとちょっと違和感があるカモ

www.saiusaruzzz.com 「自分から相手への一方的な作用」しか基本的には考えていない。そしてそれはすべては自分自身の救済のためである。 「本来はそういう話であるのに、その構図の隠蔽のしかたが『自分の問題でしかないことを恵の問題にすり替えている』」…

「僕の妻は発達障害」1巻 いわゆる理解ある彼くんから見た発達障害の女性はどのような存在なのか

独りじゃ生きられない女と、ちゃんと生きていなかった男は、そのあと結婚した。 平凡な未来、ごく一般的な幸せがあると信じて…… というファフナーのデスポエムみたいなキャッチで始まるお話。とにかく発達障害者は生きづらいということを丁寧に描いている。 …

「うつ病になってマンガが描けなくなりました 発病編」 追い詰められた作者はどうやって自殺を思いとどまることができたのか?

togetter.com早速買って読みました。DLSiteだと400円OFFで買えるからおすすめダゾ。私は精神の病の話についてはどちらかというと解決よりも病んでいく過程を丁寧に描いてくれてる作品が好きです。自分自身も同じような経験をしたので、なんというか「自分だ…

定型の人は、発達障害の「個人」を理解しようとしなくていい。それは専門家でもないと無理です

どうしても当事者問題であるがゆえにうまく整理して文章が書けなかったので、誤解のないように最初に結論を書きます。もし部下が発達障害だったら作者:佐藤恵美ディスカヴァー・トゥエンティワンAmazon「判断するのが怖い」あなたへ 発達障害かもしれない人…

発達障害者が自殺したというニュースが立て続けに視界に入ってきて気分が悪くなった

平日はほぼ毎日YouTubeで配信をやってたんだけれど今日は仕事が終わらずに配信を断念せざるを得なくて凹んでた。そしたらタイミング発達障害者の自殺ニュースが立て続けに3本視界に入ってきてきた。さらにはてなで発達障害者は生きてるだけで憎まれるだのな…

「理解ある彼くん」について、彼くん側からの視点を描いたマンガ

SSR理解ある彼くんの話。医療関係者で知識がある上、裕福で経済的に余裕がある。 妻の難点も重々理解した上で、良い点だけを認めてくれる。 というよりも人としてより神のように扱ってくれる。「左ききのエレン」とか「ホーキーベカコン」を思い出すような関…

「大丈夫倶楽部」がすごく好き。発達障害って言葉に使わずに己自身の生きづらさと向き合って「大丈夫」を目指す作品

「大丈夫な場所」づくり つまり大丈夫になる活動! 健やかな暮らしにすごく役立つ! piccoma.com 『 #大丈夫倶楽部 』 2/4 pic.twitter.com/A2vw6iaSTV— 井上まい 紙①電子② (@omo_mai) 2022年4月26日 大丈夫倶楽部 第1巻 (マンガ5)作者:井上まいレベルファイ…

発達障害に関してはネットがあればだいたいのことの「とっかかり」は調べられる。でも、本気で調べようとしたら、ネットだけで解決することはそんなにない

diamond.jp上の記事は「独学大全」の紹介記事なのだけど、その中でこの記述は結構大事だと思ったのでメモメモ。 日々の生活でも、発達障害に向き合うには、下記の2段階があると私は考えています。 ①自己分析:自分を知り、困りごとに気づく ②対処:困りごと…

「職場の発達障害者につぶされる」という記事について。今は「発達障害受け入れ」に関しては受け入れる側も受け入れる側もどっちも苦しんでいる

archive.ph b.hatena.ne.jpこの件についてなんとなくモヤモヤしてたのでスペースでお話してみました。最初は独り言で30分くらいしゃべるだけのつもりだったんですが、途中で他の方にも飛び入りで参加いただいて、いろんなお話をお伺いしました。あらためて話…

ADHDに処方される薬「コンサータ」「ストラテラ」「インチュニブ」の違いについて

この間知り合いの人との間でちょっとインチュニブのことが話題になりました。www.kegg.jp インチュニブは、コンサータ、ストラテラに続く日本では3つ目のADHD(注意欠陥多動性障害)のお薬です。2017年3月に認可され、6歳以上18歳未満への処方が認められまし…

Twitterやはてブをやるのにベストな時間帯ってどのあたりだろうという割とどうでもいい話

インターネットで毎日憎悪感情を表出するのを止められない人を見ていて・分足で見るとTwitterやはてブをやる時間帯が悪いのではないか ・日足で見ると「神経症」の回復において一番どん底のタイミングでインターネットをしているのではないかみたいなことを…

ADHD者の生存戦略について語っている増田記事への感想

この増田は読んでて面白かった。anond.hatelabo.jpanond.hatelabo.jpあらかじめ書いておくと、私はADHDではないです。*1 上の増田はADHDの話なので、私は関係ないといえば関係ないのですが、でも大事なこと書いてるなと思ったのでメモ。 まずは増田の話の整…

「アスペル・カノジョ」 発達障害者のサポートで一番重要なの思いやりではない。むしろ思いやりを強調する人間が一番発達障害者を差別しがち

アスペルカノジョ10巻より。 アスペの私が書いてるブログを見てくれてる人はよくおわかりかと思いますが、 「アスペタイプの発達障害者とつきあうのほんと面倒くさい」ということをものすごく丁寧に描いてくれている。私はどうでもいいことでも外界から刺激…

「Shrink~精神科医ヨワイ~」境界性パーソナリティ編|SNS社会は境界性パーソナリティの人間を量産しているかもしれない

精神科医の最初の研修でまず何を教わるか知っていますか?「君たちがまず知っておくべきなのは、他の科と比べて精神科には若くて美しい未婚女性がたくさん来るということだ。そこで患者と恋愛関係になる可能性が1%でもあると思うのなら、精神科医になるの…

発達障害者の男性だけど別に人生無理バーの件では全く怒ってないしむしろ「差別がー」って騒いでる人にうんざりする

※第一感情に基づいて感情垂れ流し気味に書いてる雑文なので特に読まなくてよいです。 なんかびみょーな案件。togetter.com なんかこれに対して当事者でない人たちが発達障害者への差別だとかなんだとか言ってるみたいですが私個人の意見としてはどーでもいい…

他人からすると「年を取って可愛くなくなった発達障害者」はただの厄介者でしかないという話、あるいは「公助」の大切さについての話

私は過去にこういう記事を書いたことがある。 www.tyoshiki.com「可愛い」ということと「助けが必要である」ということは別なのだ、むしろ逆といっても良い。社会的支援が必要な人はむしろ可愛くない側の人、可愛そうだとか助けたいとと思えない人の側にある…

自分が発達障害であっても他の発達障がい者のつらさがわかるとは限らないという話

こういう話はすぐに忘れちゃいそうなので、とりあえずメモしておくことにします。 最近、久しぶりに人と会ってきました。 最初はドトールで集まって会話をしていました。 こちらは人が少なく、交差点沿いの開けた場所にあったので換気もしっかりしてました。…

「同じ言葉でも伝わる意味が変わること」について私も考えたい

最近この方のマンガががすごく気になってます。同じ言葉でも伝わる意味が変わることについて考えました。というマンガです。 pic.twitter.com/hwjC43QPVQ— 丸山さとこ (@ame_satoko) March 21, 2020 今回の話、もしかして他の人には「そうそうそれそれ」って…

『ちょっとしたことで発達障害の人が上手に暮らすための本』をたたき台に「自分の生活マニュアル」を作ってみたい

お笑い芸人のチュートリアル徳井さんという人が、ADHDなのではないかというのが話題になっています。過去のツイートの例などを見る限り、おそらくそうなのでしょうね。とはいえ、私はこの人のこと知らないので、この人自身がどうなろうが知ったこっちゃない…

発達障害の人間からしたら、あらゆる面で「普通(平均点以上)」であることがどれほどすごいかという話

note.mu この記事読むとすごく愚痴とか言い訳を言いたくなるのだけれど、 とりあえずこの記事では「普通」って本当にすごいんだよって言いたい。自分をすべてにおいて「普通」であると感じられるのであれば、それがどれだけすごいことか誇りを持ってもらいた…

「Shrink 精神科医ヨワイ」 ADHDじゃなくてASDを扱ってくれているのがうれしい

以前紹介した「Shrink 精神科医ヨワイ」ですが、www.tyoshiki.com「パニック障害編」「ほほえみ鬱編」の次のエピソードである「ASD編」も終わりました。 ADHDではなくASDをきちんと扱ってくれてるのがかなりうれしかった ・最近ADHDの認知は高まってきている…

「放課後カルテ」 他害傾向があるADHD児編をぜひ読んでほしい

togetter.comtogetter.com対象年齢が全然違いますが、上の2つのまとめ読んで思うところがあった人は、ぜひ12~13巻読んでください。単体で読んでも問題ないです。放課後カルテ(12) (BE・LOVEコミックス)作者: 日生マユ出版社/メーカー: 講談社発売…

ホワイト企業に勤めてたけど発達障害のせいで適応障害&鬱になって退職した時の話

段落ごとに話が飛びまくってぐちゃぐちゃになってしまったので読まなくていいです。 代わりにこれでも読んでください。 comic-walker.com社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 1 (電撃コミックスNEXT)作者: 髭乃慎士,結城鹿介出版社/メーカ…

『とかくこの世はいきにくい ~うつで無になった私~』 淡々とした描き方ですごくわかりやすい。教科書にしたい

「発達障害・双極性障害・化学物質過敏症」を抱えながら仕事をすることのつらさ・大変さをこの上なくわかりやすく描いてくれている作品。 うつに陥った後のうつの描写がものすごく丁寧で分かりやすい。これからうつについて説明するときはこの作品そのまんま…

「で、結局将来的に自己肯定感を高く持ちたければどうすればいいの?」についての私の考え

togetter.com この手の話見るたびにうんざりするのだけれど、今はさらざんまいを見るほうが大事なので、さくっと思ったこと書いておきます。上のようなまとめは要するに「自分の周りにいる人が素晴らしい」ということを自慢したい素朴な感情なのだと思います…

コンビニでものすごく発達障害っぽい人に接客対応されて思ったこと

今日コンビニで蒙古タンメン中本を買ったのだけれど…… この時に接客してくれた高校生らしい男子が、ものすごく人を不安にさせる接客をしていた。「余裕がない動きをしている」「人の話を聞かない」というのが顕著だった。 言葉での説明が難しいけど、ものす…

「母親が家族に暴力を振るうことはゆるやかに許されている」というのは女性にとってものすごく不幸なことだと思う

田房永子「キレる私をやめたい」読みました。この本の内容についても後で触れたいと思いますが、先にあとがきから。 「母親が子供に暴力を振るうことはゆるやかに許されている」ということの悲しさ 男性の暴力などについての情報や対処法はたくさんあって、…

ぼっち地獄からの再生「さびしすぎてレズ風○に行きましたレポ」感想

初稿。2016年7月9日 追記。2019年5月7日 【追記】 本日、こちらの記事に対して感想を書いてくださった方がいたようなのですが、私がお返事する前にブログごと消されてしまったようです……なぜだ……。 なぜかわからないのですが「私に言及した人が直後にブログ…

他人に助けを求められるようになること、ついて

https://www.pinterest.jp/pin/442126888401600262/ もうそれなりに長く生きてきて、コミュニケーションについてもブログでgdgd書いて考えたりしてると、確かに人間のコミュニケーションのベースにあるのは「助けを求めること」と「助けを求める声に応え…