この夜が明けるまであと百万の祈り

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

「美少女戦士セーラームーン」 その3 タウ星系編(24話~33話) 後半

この作品は、とにかく恋人や仲間を信じる心を試し続けるよね。

もちろんセーラー戦士たちは中学生だったり小学生だったりするし、実はうさぎと美奈子以外はみんな家庭環境や親子関係に問題を抱えていることもあって精神的にもろいってのはわかるんだけど、未熟な部分や弱い部分を執拗に描かれるとなんかムズムズする。キャラに愛情があるのかいじめてんのかよくわからんくなるというかなんというか。

そんな中、子どものころから不遇な人生を送り、両親を失って心の拠り所がないはずの「土萌ほたる」が、ちびうさを守るために無から心の強さを生み出す姿はものすごくグッとくるところがありました。私は前世だとかスピリチュアルな世界はあまり信じてないし、そういう話はあまり好きではないのですが、「(生育環境とか考えたら)身につけているはずのない自分だけの強さがどこかに眠っていると信じる」ために、こういう前世みたいなものを仮定するのは面白いと思います。


イベント7 カオリナイトによるセーラー戦士分断作戦

・迷いながらもちびうさを救出に向かうセーラームーン一行。
 一方三戦士は別行動を取ってほたるを殺しに向かう
カオリナイトは幻術によって倒されたウィッチーズ5を復活させ
 各戦士を分断して誘惑することでセーラームーンの心を折ろうとする。 
・一人だけ恋人がいるセーラームーンだけが幻術に抵抗し
 さらに三戦士の助力に寄って窮地を乗り越える。
・再び全戦士の心があわさったことでSセーラームーンに。Sセーラームーンはくっそ強いのでカオリナイトは瞬殺。


イベント8  超生物と化した土萌博士(ゲルマトイド)との対決

・ミストレス9が幻の銀水晶を取り込みファラオ90に献上しようとする
・ミストレス9の内部にいる土萌ほたるが抵抗。
 ちびうさの魂部分を保護することでファラオ90の復活を遅らせる。
カオリナイトを撃破した一行は、二手に分かれてファラオ90を探す。
・サブイベントを経て地下にたどり着いたセーラームーンと3戦士は
 超生物と化した土萌博士を撃破する。

サブイベント 無限の暗闇からの脱出

三戦士「こんなものを孤独とは言わないよ。孤独とはもっと、無限に広がるものなんだ。
誰もいない。たったひとりぼっち。誰も助けてくれない孤独な場所。

でも、どんなときでも、あたしたちはかなたの美しいシルバー・ミレニアムを。
美しいクイーンとプリンセスの姿を思い浮かべた。
それはあたしたちにとって、一筋の光だった。
その光が差し込むと、ちからがわいてきて、できないことはなかった。
その光はいつも、大丈夫、あきらめるなって、わたしたちを導いてくれるのよ」

セーラームーン「…いつでもみんながあたしを照らして導いてくれる。
押しつぶされそうな時、いつも思い出す。
あたしも胸の中に光を持っていたんだわ。
それはみんなの一つになった心。
信じるだけでいい。一瞬のうちにその光が輝き出す。

あたしはSセーラームーン
みんなの授けてくれた力で光り輝く戦士!
あたしがこの闇を照らす光になる。
どんな暗闇にだって幻覚にだって負けない!」


f:id:tyoshiki:20181121233940j:plain

イベント9 ミストレス9 VS 土萌ほたる

・上層階に向かったセーラー4戦士はあっけなくやられて意識を失ったためSセーラームーンモード解除。
・ファラオ90が星と一体化しようとするが三戦士が結界を張り阻止。
・ミストレス9はちぶうさやセーラー4戦士の魂を取り込もうとするが
 魂となった土萌ほたるがそれを防ぐ。

どうしてわたし、こんなに一生懸命なの?
パパももういない。もうわたしにはなにもない。
なのに、どうしてまだ私に力が残っているの?わたしはこんなに強かったかしら。
わたしの奥に、もうひとりのもっとおおきな私を感じる。

そのわたしが命をかけてみんなを助けろと言っているの。
そう、いまの私にできることは……

・土萌ほたるが4名の戦士とちびうさにそれぞれ魂を返す。
・ミストレス9がダイモーン化したことで土萌ほたるの肉体は消滅。
ちびうさも含め再び全員が集結。うさぎとちびうさはそれぞれSセーラームーンと、Sちびセーラームーンに。

・しかしミストレス9は幻の銀水晶で強化されており、
 二人のSセーラームーンの合体攻撃をもってしてもさらに四戦士とタキシード仮面の攻撃を合わせても倒せない。


・そうしているうちに結界が限界になりファラオ90がタウ星系の闇としてついに動き出す。
 ミストレス9もファラオ90と一体化する。ちびうさや四戦士も力尽きる。

総掛かりでミストレス9すら倒せなかったのにミストレス9より強いファラオ90相手にセーラームーンしかまともに戦えない状況
 絶望感MAX。


セーラームーンの特攻作戦。聖杯と幻の銀水晶を持ってファラオ90の体内に飛び込む。




イベント10  セーラーサターン降臨

★ここで「世界の終焉」フラグが立ったのでセーラーサターンが登場する。(一度全滅することが必須条件ってすごい面白い)
セーラーサターンの「死世界変革」が発動。「沈黙の鎌」が振り下ろされ、ファラオ90は死亡確定。
・死に際に異界に逃れようとするファラオ90を追ってサターンも異界へ。


f:id:tyoshiki:20181121225057j:plain
https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_345613/



大団円

・崩壊したTOKYOはNQセレニティ(いつの時代?)によって再生され、ほたるもこの時代に転生してくる。
 
 
・・・は???


うーん、、、ごめん、最後意味わからんかった……。誰か説明して。とりあえずめでたしめでたし