頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

ZOZOはイケてるAmazonになれるのか、それとも楽天市場やネット百貨店になるのかというお話

ZOZOの前澤さんがまた面白いことやってますね。ただ、こういうのがもてはやされる風潮ほんと好きじゃない。

もちろん私も100万円もらえるならほしいですが、どうせ当たらないので逆恨みしてZOZOについての問題点でも書くか(最悪だ)


まずはこんな記事の紹介から。
note.mu



ZOZOがやたらと強気な理由は、今のところアパレルメーカー各社の自社ECがうまくいっておらず集客をZOZOに圧倒的に依存してるから。15年ほどで圧倒的一強のビジネスを構築した手腕は素直に尊敬

ZOZOが好き勝手できるのはLINE同様に圧倒的な集客力があるからです。

bizmakoto.jp
成長過程ではとても苦労して「イケてる」サイト(デザインのセンスと、顧客ファーストの運営)を築き上げ、ユナイテッドアローズの参入によって、各社が右に倣えで一気にZOZOTOWNを使用し始めたという流れが良かったのでしょうがそれにしても圧倒的な強さです。

ユナイテッドアローズのZOZO売上構成比は全体の57%。232億円の57%ですから正確な売上は132億円。2017年と比較すると、EC全体が202億円でZOZO売上構成比が60%で121億円。ユナイテッドアローズのECはスタートトゥデイがフルフィルメントを担当していますから、自社ECが伸びてもスタートトゥデイに恩恵があります。

・パルグループは65%
ベイクルーズは 39%
アダストリアは48%
オンワードは25%
・TOKYOBASEは86% (ECだけでなく全体で120億程度の売上のうち40億以上がZOZO依存)

ここまで強いとかなり好き勝手ができる。
ZOZOTOWNって、ぶっちゃけ宣伝広告とか割引セールとかをめっちゃいっぱいやってますよね。ただ、その原資はどこから来てるかというと、売り上げの30%以上をZOZOがもらうという仕組み。この売上比率30%はコンビニとか学習塾のフランチャイズの料率と同じかそれよりちょい上くらいです。なのでそりゃ売り上げバンバンやってでも「ZOZOでの買い物をお得だと思ってもらう」「ZOZOで買い物をしてもらう」ために投資しますよね。

んで、「割引セール」や「クーポン」の割引額は、果たして出店してる企業側が負担してるのかそれともZOZOが負担してるのかどっちなのかが気になるところ。もし割引額についてZOZO側が負担してないのであれば、出店者側に自社ECではできないレベルの割引をやってもらったうえで、それを大々的に宣伝しまくればいいわけだから、ZOZOはまったくリスクなく圧倒的な競争力を手にすることができる、というコンビニ運営とフランチャイジーみたいに有利な関係を築いてるように見えます。

んで、どうもこれ見る限りだと、クーポンの費用も出店者側負担ぽいですね。
note.mu

いろんな意味でAmazonとよく似た感じになってます。(もちろん、顧客にはとてもお得なサービスですけど、そのお得感は、出店者側の正当な利益を搾り取る形で得ている感じです)

このあたりのことを知っていると、穿った見方であるのは自覚してますが、前澤さんの善人キャラって、どうしてもうさん臭く思えてくるんですよね。前澤さんのやってることって「いろんなところから搾り取った分」を「3分の1くらい還元する」ことでいいことをしてるように見せてるだけですよねってなるから。もちろんビジネスモデルがそういう構造だというだけの話であって、前澤さんはもしかして本当に善人なのかもしれないです。前澤さんのやってること気に入らなくても前澤さん自身を悪く言う人見たことないし。でも自分の会社がやってることを見て、よくあんなきれいごとを真顔でつぶやけるなあと本当にめっちゃ怖い気持ちになります。

っていうか、2013年くらいの前澤さんにあったギラギラ感が薄れて、ただただやたらと意識高い成金、みたいになってるので、この前澤さんのキャライメージが田端さんの仕込みなんだとしたら、田端さんのセンスに大いに問題があると思う。


matome.naver.jp
このころの、いろいろむき出しになってる前澤さんのほうが私は好きだったなぁ。


しかしこういう出店者側に相当厳しい運営をやっていても、各アパレル側は受け入れざるを得ないくらい、客はみんなZOZOで買うんですよね。例えば「TOKYOBASE(旧STUDIOS)」みたいな新規・後発組のアパレルは今更ZOZOがなくなったら本当に厳しいと思う。



ZOZOは「楽天」とか「コンビニ本部」化しつつあり、各アパレルメーカーは何とかして自社ECに力をつけてZOZO依存から抜け出したがってるのかな?

しかし、あまりにも強すぎるZOZOにも最近問題があると指摘する人増えてきてますよね。数字は順調なのでやっかみかもしれないけど。

news.livedoor.com

①ゾゾタウンの直近の平均商品単価は3655円(2018年度第2四半期の実績)と、5年前の5011円から3割近く下落。
②ZOZOは、新規に出店したブランドに課す手数料の比率を年々引き上げている。現在の平均は売り上げに対して30%台半ば

www.businessinsider.jp

「僕たちの売上げで得た利益でPBの宣伝ばかりしているのは信義にもとる」「僕たちの商品のデータをもとにPBの商売をするなんてけしからん」

これに対していくつかの企業では脱ゾゾの動きに成果が見え始めているようです。
netshop.impress.co.jp




それでもZOZOTOWNの功績は間違いなく称賛されるべきで、後は競合が生まれればいいのだと思う

ユナイテッドアローズが真っ先にこういうことを言い出したのは衝撃大きかったですよね。



なんだかんだいって、いろんな国内のアパレルって、ZOZOに大きな恩義を感じていると思うんですよね。
最初各アパレルは自社ECといっても実店舗の延長くらいにしか考えてなかった。実店舗に来るような人あたりをイメージして対して全然うまくいってなかった。物流とかの制約もあって縮こまっていた。そういう状況に対して「違う。狙うべきは都心に来れない、おしゃれにあこがれてるけど物理的に手が出ない若者たちだ」ってコンセプトに切り替えてそういう人たちに効果的にアプローチしてくれたおかげで、今までになかった客層をガンガン開拓していくことに成功した。


ZOZOTOWNって、要するにオタクに対するアニメイトとらのあな、今は亡きケーブックスなどが果たした貢献を、ファッションの世界で実現したんですよ。しかもこれらのオタクショップよりも遥かにでかい規模で!

これによってファッションの世界では地方民も常にコミケ的祝祭を楽しむことができるようになった。ファッションにおける地域格差を縮め、より多くの人にファッションを楽しむことへの門戸を開いた。しかも安価に! (一番こうしたソリュションが求められる教育業界や食の業界ではまだまだうまく行ってないことを考えると本当に驚異的)

これって本当に素晴らしいことだと私は思う。


ZOZOTOWNがなかったら今でも各アパレルはまともに地方の人たちにリーチできてなかったところ多いだろうしZOZOTOWNがなかったら日本のアパレルがここ数年で各社売り上げ2倍とかになることは絶対になかったはず。ZOZOTOWNこそがここ数年のアパレルに活気を与えてきたと言ってもいい。


スタートトゥデイが上場したとき、ここまで短期間で成長し続けるなんて誰も思ってなかったと思うんですよ。RIZAPが負ののれんをつかってごまかしても3年くらいしか維持できなかった以上の成長率を、ZOZOは10年維持したんですよ。それだけ日本のアパレルというものを元気にさせてきた。どれだけすごいことかって話ですよ


今でもやはりZOZOTOWNじゃないとできないことっていっぱいあると思う。いろいろ料率が高いとか問題はあっても、ZOZO様様であったことは間違いない。つまり、問題がなければ、これからもZOZOといい関係を、と考えるほうが自然だと思う。



今のZOZOにはやはり「アパレルメーカー」にとって「脅威」と思われたりとか「怒らせる」何かがあるのだと思う。

また、メーカー側からすれば、遅すぎるとはいえ各アパレルも自分たちのお客様がどこにいるかもよくわかった。なんとなくやり方もつかめてきた時にZOZOの対応はいろいろ不満があるものだったんでしょう。やはり、何よりも顧客の情報を共有しない上に、ZOZOはどんどん自社商品を買った顧客リストをもとにPBをやって自分たちの領域を食いにかかったことや、それが原因で配送遅れなどの問題を起こしたのは問題があったんでしょうかね。

「少なくとも、ずっと安心して背中を預けていられる存在ではない」と判断されるのはそりゃ当然でしょう。



まぁ、そうは言っても、ユーザーから見れば正直「出店者側のお金で大々的に割引セールが行える上に、いろんな会社の商品が一覧できるZOZO」は圧倒的に魅力です。ZOZOのサイトだけ「コンビニ会計」が使えるみたいなもんですからね。「電子書籍業界」が全くできなかった、海賊サイトに真っ向から対抗できる「ECプラットフォーム」を築き上げたらこんなに強力なんだ、ということを体現してくれてるのがZOZOです。この点はいくら評価してもしきれないくらいだし実際に一時期1.4兆円企業になってるわけですしね。このZOZOに各アパレルの自社ECがいくら頑張ろうと、個別に立ち向かうのは困難だと思います。実際にユナイテッドアローズにしてもオンワードにしてもZOZOから完全撤退は難しいでしょう。代替となるECプラットフォームを誰かが作って、ZOZO一強状態を終わらせないと根本的には変わらないと思う。(メルカリやインスタみたいなのしかない……)

あとは、ZOZOTOWNで得た経験や利益をもとに、各社が自分でも頑張ればいいだけだし、他の競合プラットフォームができてもいいのかなと。

ロコ、、、いやなんでもない