頭の上にミカンをのせる

体重が増えすぎたので70kg切るまでOculusQuestのゲーム「BEAT SABER」とかやって脂肪減らします

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

ぽりてぃかるこれくとねす

www.nicovideo.jp

が面白かったので一部書き起こししてみました。

この動画は最終的にハッピーエンドなので最後まで見ようね。



ふにんがすメンバーの中でも2番目にフォロワーが多いガッkoyaさん。

「妹が爆発するシリーズ」の人というイメージが強いけれどそれ以前からセンスがキレッキレですごい。





キズナアカリの演説

f:id:tyoshiki:20211128194335p:plain

f:id:tyoshiki:20211128194359p:plain

そうですね。

でも正論ですよね。

そしてあなたが言っていることは屁理屈です!

努力不足という言葉は正論なんです!

だからゆかりさんの屁理屈では勝てないんですよ!

正論とはただしい論じゃないんですよ!

「正しい者」の口から出た論なんです!

正しい者の正しい者による正しい者のための論なんです!

正しき者は正論を作る権利があるのです。

勝者が自分の半生に努力と名付ける権利を持つのと同じように!


f:id:tyoshiki:20211128201610p:plain


正論とは、あなたのようなゆがんだ者を一蹴するための

正しき者にとって都合の良い論なのですよ!

ゆかりさん、さっきその理屈は誰も幸せにしないって言ったけど、します!

正論は「私たち」を幸せにします!

だって正論は「あなたたち」をキレイに排除して過ごしやすくしてくれるんですもの!

あなたたちを一言で黙らせることができる、手っ取り早くて都合の良い便利な論なんですもの!

f:id:tyoshiki:20211128201630p:plain

あなたがいくら日頃から理屈をこねて正論を退けようとしても

自分の存在を許そうとしても無駄です!

だって「私たち」は!世界はあなたを許していないのだから!

一人は世界に勝てない!これが現実なのだから!



キズナアカリの演説2

じゃあ世間が正しくないとしましょう。

それであなたは正しいんですか?

世間が極端なことを言っているなら、じゃああなたの言葉は建設的なのですか?

(中略)

ほらね、わかったでしょ?

私が正論なんです

あなたは正論じゃないんですよ。

あなたという存在は正しくないんですよ

f:id:tyoshiki:20211128201648p:plain

だから頑張りましょう。頑張って正しくなりましょう。
正しくあらねばならないでしょう。
間違ったままではいられない世の中でしょう。

ほら、立って!

みんなが頑張れと言っています。

みんなは頑張れと言ってるんです。頑張って!


アリストテレスの徳の理論

古代ギリシャでは

「人をよい人・卓越した人にするものは何なのか?」ということが問われました。

そのため、ギリシャ語では「徳」とは「arete」と呼ばれ、「卓越性」「よさ」を意味します。

つまり、卓越した人が持つ性格の特徴のことを「徳」といったのです。

このテーマ、「サクラの刻」の第一章でガチでやってるので興味ある人はプレイしてみよう

f:id:tyoshiki:20211128203226p:plain

サクラの刻」の場合は高校生の女の子がここで300万出すために奮闘します。


おまけ:ゆかりの演説部分

私って子供の頃から

「大人になったら会社に勤めて結婚して子供ができて」みたいなそういう大人になった自分をいつも想像できてなくて

自分が社会で生きていけている姿がどうしても思い浮かばなくて

それで思い浮かばないまま大人になってしまった。

今も想像できていない。

ずっと大人になった自分が想像できていない。

子供の頃からずっと不安だったんです。

自分が生きていけるのかどうか、自分が大人になれるのかどうか。

今もです。

だけど最近は私に生きる力があるかどうかとは関係なく、

それでもなんとなく私は生きられてしまうんじゃないかって思い始めたんです。

私がどれだけ不安でもどれだけ苦しくても苦しみながらでも痛がりながらでも「死にたい」って思うくらい絶望しても

それでもなんとなくおいて死ぬまでは生きれてしまうんじゃないかって。

這いずりながら歪みながら不格好な人形として生きて生きて苦しんで苦しんで生きて苦しんで苦しんで

それで、老いて床に伏したときもう体も動かなくなって終わりが近づいたとき

「そういえば、クリスマスに誰かと過ごしたことなかったな」って思うんじゃないかって。

そう思った瞬間どうしようもなく「死にたくない」って思ってしまうんじゃないかって。

もう何をどうあがいても何もできないのになのに

「まだ死にたくない」って「まだ何もしていないのに」って子供のように泣いて暴れてしまうんじゃないかって。

もう動かない体の中で爆発してしまうんじゃないかって。

「誰か助けて」って言いながら、

生まれてからずっと何回も心の中に浮かんできた「助けて」って言葉を

そこで初めて全部口にに出して「誰か助けてって誰か助けて」って叫んでそれで死ぬんじゃないかって。

誰かに助けてほしい子供のまま子どものままで死んでいくんじゃないかって思うんです。

他の何も未来を想像できないのにそれだけは鮮明に想像できるんです。

それだけが本当に鮮明なんですよ



いちいち自分で文字おこししなくていいの凄く助かった

最初はGoogle Documentで音声認識を使って書き起こししようと思ってたんですが

YouTubeの自動音声文字おこしを起動 → Downsub.com 

を使えばダウンロードできることを知りました。 

うひょ^ー

機械音声だからめっちゃ正確だしとても助かりました。てくのろじーのしょうりだ!(小学生並みの感想)