頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

「WORLD END ECONOMiCA」先行視聴用動画見ましたが、期待がさらに高まる内容ですごく良かった!

クラウドファンディングにて実施した、『WORLD END ECONOMiCA』アニメ化に向けた広告用PVです。

原作のPVではなく、こんな感じでアニメにしたいという想いを詰めたPVです。

先行視聴用です!!!!

このURLは転載しないでください。
声優さん等の情報は24日までSNS等で公開しないでください。

というわけで、明日から公式に情報公開されると思うので見とけよ見とけよー。






第一部から第三部まで全部やるっぽい!

このブログでは繰り返し紹介してきたのでもう必要説明ないと思いますが

「WORLD END ECONOMiCA」は金融ラノベが原作です。

原作は三部構成にわかれており、第一部から第三部まで合わせて2600ページくらいのボリュームがあります。

普通に考えればそう簡単には収まりきらないと思います。

しかし、PVを見る限り、第一部だけでなくちゃんと第二部・第三部の描写がありました(メインは第二部のようですが)

f:id:tyoshiki:20200623191130p:plain


これはめちゃくちゃうれしい。

実際この作品、第三部までやってもらわないと困るんですよね。

第一部だけで終わったら個人投資家がトレードすることの怖さが際立ってしまって希望より絶望が勝ってしまう。

第二部だけだと、今度はエリートたちの戦い、つまり上澄みの部分しか見えてこない。

第一部と第二部を踏まえると、第三部で初めて「株式市場」「金融の仕組み」というものが良くも悪くもきわめてエキサイティングな場であり
それは社会で生きている我々個人にも強くかかわりがあることなんだと感じられる構成になっています。




このアニメ化の仕掛け人である片山さんは自分がこの作品を好きで、この作品から得たものを多くの人に届けたいと言っていました。
それを単なるスローガンや願望で終わらせず本気で実現してやろうという心意気を持たれていることを感じますね。




まだ公開しちゃダメなのでなんも言えませんが、アニメのスタッフもすごいメンバーです。
もともとすごく期待していますが、その期待に応えてくれそう&越えてくれそうな気がしてテンション上がりますわ……。


※なお、この作品をプレイしても「市場」のことはわかっても「資産運用」についての知識が身につくわけではないのでその点はご注意ください。



クラファン出資者リストに株クラの人がたくさんいて興奮する

camp-fire.jp
このクラファンでは半日程度で目標の500万を達成してわだいになりましたが最終的には2000万円近い支援が集まりました。


先行視聴PVでは、クラファンおなじみのサポーター一覧が2分近くにわたってずらっと表示されます。



このクラファンは、3000円から30万円まで応援の口がありましたが株クラで話題になった当日に「上から順番に埋まっていく」という感じで高額の枠が取り合いになっていました。
8万円より上のリストにはtwitterでも有名な株クラの顔ぶれが並んでおり、ここ見てるだけでもすごく興奮します……。



このように、実際に成果を上げているガチの投資家たちからも支持されているコンテンツですので、期待してみてほしいゾ。




コミカライズ版も開始するので、まずはそちらから入ってもらうのも良いかも


ちなみに「狼と羊皮紙」もコミカライズ1巻出てましたね。

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙V (電撃文庫)

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙V (電撃文庫)




さすがにアニメだけでは原作の細かいところまでは網羅できないだろうから、できれば原作もプレイしてほしいけど…それはアニメの後でもいいよね

これもすでに何度かブログ内でかきましたが、この作品は、ラノベもいいけどゲーム版でプレイすることを強くお勧めします。

「狼と香辛料」の作者さんなので知識がなくても楽しめるとは思うのですが、それでも完全に知識がない人にはちょっと序盤のハードルが高いです。

ゲーム版だといろいろ説明が丁寧かつ読みやすいし、音楽や立ち絵などのサポートもあってより楽しみやすいです。

steam版はアフィリエイトとかできないから本当はお勧めしたくないんだけど、これに関しては絶対にsteam版がおすすめ。

store.steampowered.com

3部作全部読んでも3500円。キンドルでラノベ版を買うのと値段も変わりません。PCがある人なら絶対にsteam版が良いです。





なんにせよ、この作品は本当に良い作品なのでぜひアニメだけでもいいから見てね。
あんまりうざいのはよくないかもしれないけど、この作品はこれからも情報出るたびにこのブログでかいていこうと思うのでヨロです