頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

「可愛そうにね、元気くん」(56話~57話) フェミニズムではなく「男嫌い」で弟を虐待する姉の姿がエグイお話

「可愛そうにね、元気くん」の感想続き。



本作品はどの登場人物も「過去の環境のせいで」性癖が大きくゆがんでしまっているのですが、元気くんがドMになってしまった理由もやはりかなりえぐいです。

まだ単行本化されていない部分なので、改めて単行本で収録されたら記事を更新しようと思うのですが、この作品の56話と57話だけでも見てほしいなって思います。

この漫画はフィクションなのでいいんだけれど、ネットで暴れてるネトフェミの女性のみなさん、まさか自分の家に男の子がいたらこういう虐待をしているのではないだろうな……と考えるとちょっと恐怖感じる。






「男嫌い」の姉に男性性をすべて否定され続けた結果、弟である元気くんはどうなってしまったか

元気くんには姉がいる。

元気くんの家庭では、まだ元気くんが幼いころ母親が亡くなってしまう。その後姉が家事を一手に引き受けて家族を守ろうとしてくれた。だから、元気くんは姉のことが大好きで、絶対だった。



しかし、この姉は元気くんを虐待する毒親的存在でもあった。



この姉は早熟で美人だったためか、周りの男ガキたちの性的な興味の対象となってしまっていた。さらに母が死んだあと、彼女の悩みを受け止める存在がいなくなった。


姉は男のガキたちから性的な揶揄や嫌がらせを受け続けた。


www3.nhk.or.jp
子供はほんと残酷だからね……



それなののに、父親はまともに受け取らないどころか「女なんだから我慢しろ」と押さえつけようとした。この父親はまじで何なんだよ……。



こういうことの積み重ねがあって姉は病的なまでの男嫌いになった。その病みっぷりは「トクサツガガガ」の毒親よりさらにひどいものだった。

トクサツガガガ(15) (ビッグコミックス)

トクサツガガガ(15) (ビッグコミックス)

  • 作者:丹羽庭
  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: Kindle版



姉はもはや家の中に男性を感じさせるものがあること自体許せないほどになってしまい、その男嫌いを容赦なく弟である元気くんにぶつけた。元気くんの男性性をすべて否定しようとした。


ねぇ、お姉ちゃんが見ていないところで女の子からかったりしないよね?
乱暴なことしないよね? 
「男の子みたいにならないよね?」

性別的に男の子なのに、男の子みたいにふるまうことのすべてを禁止した。




「男嫌いの姉」による虐待の描写がかなりひどい

彼女の男嫌いぶりは尋常ではなかった。

姉によって元気くんは家の中では女装を強いられ、
うっかり男らしい言葉遣いをすると殴られた。
不可抗力なのに朝立ちしているところを見られると殴られた。
女装していても可愛くないと思われたら殴られた。


とにかく姉を少しでもおびえさせたら姉は泣きながら元気くんを殴り
事あるごとに「男である」ことそのものに罪悪感を植え付けた。


父がそのことに気づいて女装をやめさせたりすると
今度は徹底的に嫌悪の表情を向け、自分から遠ざけようとした。




元気くんはそういう虐待を受けていても姉のことを慕っていたから
一生懸命「姉にとっての正解」を見つけようとした。
女装もしたし言葉遣いも女っぽくしたりして姉を怒らせないように
姉を怖がらせないように気を使い続けた。
元気くんは姉に嫌われたくなかったし姉の笑顔をもう一度でいいから見たいと努力し続けたがそれはかなえられることはなかった




その果てに、元気くんは弱いものやかわいそうなものに惹かれるようになり、姉から受け続けた虐待とそれらの体験が重なっていじめられたいという欲求を後天的に育ててしまうことになる。




「聲の形」の石田くんが許せないお気持ち勢の方々にとって、これはセーフなのかアウトなのか?

そうやって元気くんを徹底的にゆがませておきながら、姉は自分を傷つけない男を見つけるとあっさり結婚してしまう。

人の手提げに精液ぶっかけるようなガキに
それを「女だから許せ」なんていうような奴らだよ。
男がみんなそうじゃないってそのころの私には思えなかった。
元気は私を傷つけようなんてしたことなかったのに。
ごめんね、嫌いになりたくなくて
あんなことするなんて間違ってた

なるほど、たしかにちょっとだけモヤっとする。「聲の形」で女の子をいじめていた石田くんが幸せになろうとするとモヤっとした気持ちになる人たちの気持ちが少しだけ分かったような気はする。


togetter.com


まぁ、だからと言ってモヤっとする程度ならいいけれど「石田くんは絶対に許さない」とか「だから聲の形はいじめっこ向けの感動ポルノだ」とか言ってた人たちは頭のおかしい狂人であるという感想は変わりませんけどね。(さすがにこれに対して「いじめ」と「被害体験からのやむを得ない行動」は違うからこっちはセーフとか言い出したらいよいよ頭おかしいからそういうこというのはやめてね。)


男嫌いが行き過ぎて、男から男性性は否定するけど、じゃあ男性が女性に寄ってくるとそれは女性性の搾取だとかなんとか、とにかく男性を否定したくて支離滅裂なことを言ってる人がいますけれど、そういう人はやはり心を病んでいるのだなということが良くわかる内容でよかったです。