頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

【買った武器は装備しないと意味がないぞ】【武器レベルが足りないと装備できない】の二つを理解してない人は自己啓発に手を出すな

何物にもなれない意識だけが高い人間が竹花氏とかイケハヤとか中田大学とかの養分になってるのを見ると悲しい気持ちになる。

というか、新入社員の時の自分もそんな感じでその当時の自己啓発系詐欺師たちの養分になってたことがあるから近親憎悪が刺激される。




どうすれば「自己啓発系」とか「意識の持ちようで人生は変わる」みたいなところから卒業できるんだろう。



有名人が語る自己啓発系の話がなんで役に立たないのかというと①そもそも装備するのを忘れているか②「武器レベル」が足りなくて装備できないから

w.atwiki.jp

武器や魔法・杖を使いこなす腕前や熟練度といった要素を表したパラメータ。数値・ランクが高いほど難易度の高い装備を扱える。

暗黒竜と光の剣・紋章の謎では0~20までの数字で表されていて、他パラメータ同様レベルアップ時に伸びる。低すぎるのも困り物だが銀シリーズが使える程度まであれば実用レベルなので、他が伸びないのに武器レベルだけ上がったりするとやるせなくなる時も。


一言でいうと、「その本に書かれてる内容、自分が装備して使いこなせるのか」という概念がない人は読むだけ無駄です。



有名人の自己啓発本とか最近はやりの自己啓発本の動画見てる人間は、まず自分の武器レベルを考えましょう。




当然ながら「血筋」がないと装備できない装備もあるぞ

聖戦の系譜からランクで分けられる様になり、聖戦では☆>A>B>Cで表されている。各クラスの規定値+血統ボーナスで決まっていてCC以外では成長しない。敵中ボスにAランク装備を使わせる為に、物語の設定に関係なく聖戦士の血統が付加されている事も。

普段東大生は恵まれてるみたいな言説に賛同してるくせに芸能人が芸能人の立場から言ってるような名言集に「そうだそうだ」とうなづいてる人間、完全に養分だと思います。



さらにいうと「熟練度」の概念も加わってくる

トラキア776からは武器や魔法・杖を振った回数によって熟練度(※正式名称ではない)が貯まり、一定値まで達すると成長するように。作品によって高ランクの物を使うとより多く熟練度が貯まる要素が有ることも。


①購入前に、自分がその道具を装備できるか確認して



②装備を手に入れて



③手に入れた武器を装備して



④それを使いこなせるまでひたすら練習する。




この4つを実践できない人がいくら自己啓発本を読んでも無駄です。




逆にいうと何か一つでいいからこの4つを一つながりでできたことがある人は
どんどん新しいものを手に入れて成功していくイメージがあります。




自己啓発界隈の商売人は



①で誰でも装備できるように錯覚させ

②あたかも手に入れたような気分にさせ

③購入したものを装備する手順を教えず、どんどん次のものを提案し

④使いこなそうという行為を徹底的に否定してきます(〇〇はオワコン的な言説)




気をつけようね!