頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

「俺の現実は恋愛ゲーム?~かと思ったら命がけのゲームだった」 あんまり期待してなかったけど、ノベルゲーっぽさがあって普通に面白い

目が覚めたらいきなりリアルなゲームの世界に取り込まれてた主人公の話。

システムから「女性を攻略せよ」というメッセージを受け取り、「まさかこれは恋愛ゲームなのでは?ゲームの中とは言え女生徒いい関係を楽しめるかも」と期待を膨らませていたが、攻略対象に設定された女性に接近してみたところいきなり殺されかけそうになる。


どうやらこのゲームは恋愛ゲームではなく「やばい女」の秘密を暴き、その裏に隠された事件を解決していくゲームのようだ……。


magazine.jp.square-enix.com


絵が全然好みではないのに結構楽しめてしまう作品。私、やっぱりデスゲームもの好きなんやなぁ……。




ゲームの設定について

おおまかにいうと4つです。文章にするとわかりにくいですが情報の出し方が丁寧で、読んでるうちに勝手に理解できるようになります。

①クリアするまでは脱出できないが「セーブ」操作が可能でいつでもロードでそこに戻ることはできる。

ただし、
・トータルで持ち時間の制限があり、これはロードしなおしても減らない。この時間を使い切ると現実の身体が死ぬ
・真実に近づく行動をとった時にしばしば「謎の選択肢」が登場し、強制的に二択を迫られる。
・ゲームをクリアするとゲーム中で得た金額や女性の好感度は引き継がれる。

という仕組みになっている。


②どの女性が攻略対象であるかは見ればわかるようになっている。

・スカウターというアイテムがあり
 攻略対象の女性は、スカウターのレベルに応じてステータスが表示される。
 その中に「攻略難易度」というものがあり、これが高いとそれだけ謎の難易度が高いことになる。

・さらにスカウターのレベルを上げれば攻略ヒントを得ることもできる。

③現実とは思えない強力な効果を発揮するアイテムを使用することができる

これ自体は便利でよいのだが

・アイテムの使用は絶対に後悔を発揮する
・ロード前に消費したアイテムはロードしても復活しない。
 つまり、キーアイテム消費したうえでロードしなおすと簡単に詰んでしまう。

という仕組みになっている。

④女性を「攻略」するとレベルアップしたりお金が手に入ったりもする。

・時間内に着実に攻略を繰り返してお金を手に入れたりステータスをアップし
・そのお金でアイテムを購入して難易度が高い対象を攻略する

というサイクルでゲームクリアを目指すということになる。


この作品の上手いなぁと思うところ=横糸だけでなく縦糸がちゃんと通っている

本作はなろう原作作品ですが、他の作品と違って、ちゃんと最後まで想定して作られていて、きちんと完結するだろうと安心して読めるという点がまずありがたいです。


一つ一つのエピソードを順番に攻略していくだけであれば、どれだけ個々のエピソードが面白くても飽きてくるのですが、この作品の場合二人目の攻略中に、「攻略難易度A」の女性とも接触し、同時並行的に物語が進んでいきます。

この少女が物語全体のキーとなっているというかぶっちゃけラスボスかラスボス一歩手前のハーゴン的な存在ですね。

f:id:tyoshiki:20201119211728p:plain

この少女はことあるごとに主人公にちょっかいを出しに来るのですが、対応をミスるといつでも即死させられてしまうのですが、生き延びるために好感度を稼ぎつつ、来るべきタイミングでこの少女を「攻略」するために種をまいていくんですね。

常にラスボスがちょっかいを出してくるし、一つ一つの事件の難易度も高いっていうのはすごく安心感があります。


現在9巻まで出ていて、相変わらず絵はあんまりうまくないのですがストーリー部分が普通に面白いので全く問題なく読めています。

攻略対象である敵も強いし、ラスボスはちょっかいは出してくるけどときどき協力関係になってきたりもするしであの手この手で意外な展開を持ってきてくれるので退屈しません。

さすがに、主人公と同じようにゲームをプレイしているような体験を味合わせてくれることはないですが、読み物として十分面白いなと思ってます。



攻略対象の女性まとめ

一つ一つの事件にきっちり謎があり、頭を使って攻略していくので読んでいて面白いです。



(1)桜井亜深 (攻略難易度E)
ミッション名「金に狂った人妻」 

連続保険金殺害犯。


(2)朱峯深雪(攻略難易度D)
ミッション名「??」
シークレットミッション名「嘘の顔」

政財界を巻き込んだドラッグパーティーの運営をやっている。バックに「立矢会」というやくざがいる。こちらのドラッグパーティーをつぶすのが通常のルートであり、朱峯深雪が木元リリサという少女を殺し名前をのっとっていることを突き止めるのがシークレットミッション


(3)氷上美憂奈(攻略難易度C)
解決師(殺し屋)。
ミッション名「屋台の正体を暴け」
臓器売買を行っている組織のアジトを突き止めることが目的。
臓器密売組織はその後氷上美憂奈が壊滅させる。


(4)松根春賀(攻略難易度C)
ミッション名「カルト教団の掃討」

大学生。彼氏が失踪したらしく探してほしいという依頼を受ける。
しかし、捜査の途中で彼氏の死亡が確認され、彼女も殺されてしまう。
どうやらカルト教団絡みらしい。
主人公も途中で拉致されるが、九条ユレアが助けてくれる。


(5)彩惑美(攻略難易度B)
ミッション名「姉妹の絆」
彩夕子(惑美の姉)の死の真相を探る。

・彩惑美がユレアを襲うのを阻止し
・ユレアが彩惑美を殺すことを阻止したうえで
・彩夕子を殺害したうえでその罪をユレアに擦り付けようとした犯人を突き止め
・追い詰められた犯人が送ってきた襲撃犯を撃退すればクリア。



(番外)教団の残党との戦い
衆議院議員の息子が誘拐される事件の調査
→ユレアにスマホをプレゼントする



(6)水船理智子(攻略難易度B)
九条ユレアのことが好きなクレイジーサイコレズ?