頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「優駿たちの蹄跡」(10/15)  韓国に渡った優駿たち & ガチの虐待にあった被害馬たち

この巻にあるナイスネイチャの半弟・「グラールストーン」のお話はぜひ読んでほしい。


f:id:tyoshiki:20210424212515p:plain

スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 10巻

スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 10巻



1話 1977年ダービー馬 ラッキールーラー

良血の巨体馬。ハードバージ、ヒシスピード、マルゼンスキー、カネミノブ、プレストウコウ、マルゼンスキーらと同じ世代。当時は28頭立て。

皐月賞ではハードバージに敗れるがダービーでリベンジ。

www.youtube.com
しかし菊花賞で惨敗し、そのまま2年休養。復帰後も活躍できず引退。
種牡馬入りした後9年後に韓国へいくが、わずか5か月後に骨折。

f:id:tyoshiki:20210424235116p:plain
韓国でなければ助かっていたかもしれないが、骨折してから診療所まで13時間もかかってしまった。手術の結果生命をとりとめたかに思われたがすぐにまた骨折。
結局韓国に渡ってから1年もたたずに安楽死処分となってしまう。

俺は己の人生を捨てても、故郷を捨てられても子供だけは捨てられねえ。
この子は俺の生きる希望だ!
男の値打ちは、背負っている荷物の重さで決まるんだ!
希望は荷を下ろして別の場所を探しても見つからねえよ!
希望はその重き荷の中にあるんだ

ただし、わずか4頭の産駒の内の一頭は、3年連続で韓国の年度代表馬になった。



2話 1977年菊花賞馬 プレストウコウ

芦毛馬として初めて菊花賞を制した馬。しかもレコードタイム。

www.youtube.com

韓国に渡った後種牡馬としてはあまり目立った成果はなく、老齢と失明により安楽死処分。
韓国には動物の墓を建てる文化がなかったのでそのまま死んだ土地の土となる。
f:id:tyoshiki:20210424235955p:plain





3話 1966年天皇賞春馬 リキエイカン

f:id:tyoshiki:20210425000540p:plain

www.youtube.com
リストラされたおっちゃんにまだまだこれからだよ、と「逆上がり」を進める話。




4話 コウチグシケン(マーヴェリック)

地方競馬では骨折した時にそもそも手術して助けるという設備がない

f:id:tyoshiki:20210425001140p:plain

馬主のたっての要望で注射麻酔して手術を行うが、手術中に麻酔が切れるという悲惨な状況になる。それでも助けたと思ったら今度は別の馬主の手にわたり、そこで牛久虐待事件の被害馬に……

f:id:tyoshiki:20210425001640p:plain

1994年、茨城県牛久市で6頭の馬が、飼育者に、野ざらしのまま放置され、餌も与えられず3頭が餓死した、虐待事件がありました。飼育者は、引退しても行き場のない馬を自身の乗馬用に引き取り、決して広くない放牧地に置き去りにしたのです。
飢え、そして仲間たちが次々と倒れてゆく恐怖の中、生き延びた馬たちの心情や、いかなものだったでしょうか。その中で、運良く命あった3頭の馬たちが、心ある人々に救出されました

http://blog.livedoor.jp/yumenotabi-pakapaka/archives/47828428.html

2度の悲劇を乗り越え、イグレット乗馬クラブに引き取られここでは幸せに過ごす。



5話 ナイスネイチャの半弟・グラールストーンが引退場協会(イグレットFPの会)第一号になる

f:id:tyoshiki:20210425002352p:plain
ミホノブルボンと菊花賞で戦うも10着と惨敗。


種牡馬にもなれない、年を取りすぎて乗馬にするにもそれほど向いてない。本来は廃用されるしか道がなかった。

それでもイグレット牧場の沼田さんはグラールストーンを救おうとした。

f:id:tyoshiki:20210425002532p:plain


とはいえFPはなかなか会員が集まらず沼田さんは10kg以上やせ細ってしまったという。今回のナイスネイチャ33周年で2000万集まったのも、しんどい時期をずっと耐えてきた沼田さんに対する神様からのご褒美みたいなものだと思う。

togetter.com

沼田さんがここであきらめていたら、その後のナイスネイチャも今生きてなかった可能性が高いらしい。


競馬最強世代はどこか?

61年世代 シンザン(宝塚記念、天皇賞秋、有馬記念)、ハクズイコウ(天皇賞春)

62年世代 エイトクラウン(宝塚記念)、コレヒデ(天皇賞秋、有馬記念)、カブトシロー(天皇賞秋、有馬記念)

63年世代 スピードシンボリ(天皇賞春、宝塚記念、有馬記念×2)、タイヨウ(宝塚記念)

64年世代 ヒカルタカイ(天皇賞春、宝塚記念)、ニットエイト(天皇賞秋)、リュウズキ(有馬記念)、メジロタイヨウ(天皇賞秋)

65年世代 タケシバオー(天皇賞春)、ダテホーライ(宝塚記念)

66年世代 リキエイカン(天皇賞春)、メジロアサマ(天皇賞秋)、トウメイ(天皇賞秋、有馬記念)、ショウフウミドリ(宝塚記念)

67年世代 メジロムサシ(天皇賞春、宝塚記念)、ヤマニンウェーブ (天皇賞秋)

68年世代 ベルワイド(天皇賞春)

70年世代 タケホープ(天皇賞春)、ハイセイコー(宝塚記念)、カミノテシオ(天皇賞秋)、イチフジイサミ(天皇賞春)

71年世代 フジノパーシア(天皇賞秋、宝塚記念)、アイフル(天皇賞秋)

72年世代 エリモジョージ(天皇賞春、宝塚記念)、イシノアラシ(有馬記念)

74年世代 テンメイ(天皇賞秋)、カネミノブ(有馬記念)

75年世代  サクラショウリ(宝塚記念)、スリージャイアンツ(天皇賞秋)、テルテンリュウ(宝塚記念)、プリテイキャスト(天皇賞秋)、ホウヨウボーイ(有馬記念、天皇賞秋)

76年世代 ニチドウタロー(天皇賞春)、カツラノハイセイコ(天皇賞春)、カツアール(宝塚記念)

=======ジャパンカップ開催&天皇賞勝ち抜け廃止1980-==========

77年世代 モンテプリンス(宝塚記念、天皇賞秋)、アンバーシャダイ(有馬記念、天皇賞春)、ヒカリデユール(有馬記念)、キョウエイプロミス(天皇賞秋)

78年世代 メジロティターン(天皇賞秋)、モンテファスト(天皇賞春)

79年世代 ハギノカムイオー(宝塚記念)


=========天皇賞秋 距離短縮1984-===================

80年世代 リードホーユ(有馬記念)、カツラギエース(宝塚記念、ジャパンカップ)、ミスターシービー(天皇賞秋)、スズカコバン(宝塚記念)、ギャロップダイナ(天皇賞秋)

81年世代 シンボリルドルフ(有馬、天春×2、JC)82年世代 クシロキング(天春)、パーシャンボーイ(宝塚記念)、サクラユタカオー(天秋)、ミホシンザン(天春)

83年世代 ダイナガリバー(有馬)、ニッポーテイオー(天秋)、メジロデュレン(有馬)

84年世代 タマモクロス(天春、宝塚、天秋)、イナリワン(有馬、天春、宝塚)

85年世代 オグリキャップ(有馬×2)、スーパークリーク(天秋、天春)、ヤエノムテキ(天秋)、ダイユウサク(有馬)

86年世代 オサイチジョージ(宝塚)

88年世代 トウカイテイオー(有馬、JC)、ヤマニンゼファー(天秋)

89年世代 ライスシャワー(天春×2)、レガシーワールド(JC)

90年世代 ビワハヤヒデ(天春、宝塚)、ネーハイシーザー(天秋)、マーベラスクラウン(JC)、ダンツシアトル(宝塚)、サクラチトセオー(天秋)

91年世代 ナリタブライアン(有馬)、サクラローレル(天春、有馬)オフサイドトラップ(天秋)

92年世代 マヤノトップガン(有馬、宝塚、天春)、マーベラスサンデー(宝塚)

93年世代 バブルガムフェロー(天秋)、エアグルーヴ(天秋)

94年世代 メジロブライト(天春)、サイレンススズカ(宝塚)、シルクジャスティス(有馬)

97年世代 アグネスデジタル(天秋)、タップダンスシチー(宝塚、JC)

98年世代 マンハッタンカフェ(有馬、天春)、ジャングルポケット(JC)、ダンツフレーム(宝塚)

00年世代 ゼンノロブロイ(天秋、JC、有馬)、ヘヴンリーロマンス(天秋)

01年世代 スズカマンボ(天春)、スイープトウショウ(宝塚)、ハーツクライ(有馬)、カンパニー(天秋)、ダイワメジャー(天秋)

02年世代 ディープインパクト(天春、宝塚、JC、有馬)、 エイシンデピュティ(宝塚)

05年世代 アーネストリー(宝塚)

06年世代 ブエナビスタ(天秋、JC)、ナカヤマフェスタ(宝塚)、トーセンジョーダン(天秋)

07年世代 ヴィクトワールピサ(有馬)、ローズキングダム(JC)、ヒルノダムール(天春)、ビートブラック(天春)、エイシンフラッシュ(天秋)

08年世代 オルフェーヴル(有馬×2、宝塚記念)

10年世代 ラブリーディ(宝塚、天秋)、エピファネイア(JC)

11年世代 マリアライト(宝塚)、モーリス(天秋)、ショウナンパンドラ(JC)、ゴールドアクター(有馬)