頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「新・優駿たちの蹄跡 ~愛惜編~」  サクラバクシンオーがウマ娘のイメージと全然違うw

いよいよ「優駿たちの蹄跡」シリーズもこれで最後。

おそらくですが、今となってはこういう作品はもう作れないんじゃないかなと……。


新・優駿たちの蹄跡 ~愛惜編~ (BEAM COMIX)

新・優駿たちの蹄跡 ~愛惜編~ (BEAM COMIX)




トウショウボーイ(TTGの一角。皐月賞・有馬記念・宝塚記念で3勝)

保田厩舎の長沼厩務員から見たトウショウボーイ。テスコボーイ産駒。

f:id:tyoshiki:20210518213909p:plain

やたらと賢い馬で、自分で食事量を調整して身体を作ることまでやっていた。
f:id:tyoshiki:20210518213939p:plain

f:id:tyoshiki:20210518214106p:plain

あまりにトウショウボーイが魅力的過ぎて、その後もずっと取りつかれてしまったような感じのお話。

www.youtube.com



メジロライアン(宝塚記念で悲願のGⅠ獲得)

父馬はアンバーシャダイ。

f:id:tyoshiki:20210518214612p:plain

www.youtube.com
このレースのライアンはめちゃくちゃ強かった。


オースミタイカン

父馬サンデーサイレンス。44戦4勝。すべての勝利は函館競馬場。

f:id:tyoshiki:20210518215056p:plain

特に目立った活躍もないが、この函館巧者という特徴だけでこうやって名前が残る。
なお引退後は行方不明になっている。



ヒシアケボノ(スプリンターズSで勝利)

両親は外国馬。

www.youtube.com
2着がビコーペガサス。

引退後にサラブレッド発祥の地・下総種馬場で種牡馬生活。



サクラバクシンオー(1400m以下では無双。スプリンター路線の開拓者)

境厩舎・吉村活彦厩務員から見たサクラバクシンオー。
父はサクラユタカオー。母馬はサクラハゴロモ。

f:id:tyoshiki:20210518215815p:plain

f:id:tyoshiki:20210518220011p:plain

ウマ娘のイメージとは全然違って、めちゃくちゃケアが大変な馬だったそうでござる。

www.youtube.com

f:id:tyoshiki:20210518215946p:plain



ミホシンザン(幻の三冠馬。1985年ダービー馬はシリウスシンボリ)

シンザンの息子。種牡馬引退後は谷川牧場で余生を過ごす。

www.youtube.com




ハギノトップレディ(牝馬二冠。逃げで魅せる馬)

母馬イットーから生まれた「華麗なる血族」の馬。逃げ馬として非常に強かった。
www.youtube.com

15巻で福永守の引き取られたが、その後結局福永のもとで天寿を全うする。

このエピソードに出てくる奥さん普通にイラっ☆とするな…


トロットサンダー(マイルCS、安田記念で勝利)

相川厩舎の矢作厩務員から見たトロットサンダー。

公営で8戦して重賞勝ちはないし、そこからけがで1年以上休養でブクブクに太っていた。
f:id:tyoshiki:20210518221621p:plain

そこから一生懸命絞り、さらに何度もけがをしたところを必死に看病して何とかレースに出走させる。
さらに松山厩舎に頼んで「皐月賞馬」ジェニュインを併せ馬に使わせてもらったりとできることは何でもやった。
さらに矢作厩務員はレース運びについて横山典弘と何度も衝突した。

f:id:tyoshiki:20210518222133p:plain

ここまで必死に育ててきたのに「名義貸し」問題で強制的に引退させられる。
種牡馬入りはできたが引退後事故で骨折。安楽死に……。




最後の話がこれでいいのか?本当にこれでいいのかあああああ?