頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「バイオハザード インフィニット・ダークネス」3話感想 ついに黒幕の製薬会社が登場。ウィルファーマか?それともトライセルか?

2話感想からの続き。

www.tyoshiki.com

2話まではまぁまぁシリアスな感じで楽しめたんですが、3話に入ってからは「ツッコミどころが多すぎる」作品になってきました。

f:id:tyoshiki:20210713195040p:plain

ペナムスタンから帰還したMD部隊の存命者の家を訪れ、凄惨な光景を目にするクレア。
一方で、レオンはシェンメイから不穏な陰謀にまつわる話を聞く。

とにかくウィルソンが中国嫌いすぎたのがこのエピソード(2006年)で起きている惨劇のすべての原因なのか?

2話の時点では国防長官であるウィルソンが黒幕で、二人を操っているのかと思っていました。

実際はその逆で、二人はウィルソンの陰謀を暴くために今回の事件を起こしたようです。

①中国に圧力をかけるためにペナムスタンの内乱を引き起こしてそれに乗じる形で軍を介入させた

②ペナムスタン内戦に乗じて、製薬会社(トライセルか?)と組んでBOWの実験を行った。

③中国への強硬姿勢を強めるために「ホワイトハウス襲撃」「バイオテロ」「潜水艦爆破」を仕組んだ。

これについて、レオンとクレアがそれぞれの立場からウィルソンの陰謀を暴いていくという展開になっています。



私はちょうど大逆転裁判をプレイし終わったばかりなので「お前、大逆転裁判のラスボスと一緒やないかい!」って突っ込みたくなりましたよ……。
www.tyoshiki.com




MD部隊について調べていたクレアは、ジェイソン以外のもう一人の生存者の家を訪れる

真っ暗な家の探索なので画面を暗くしないと何も見えない……。蝙蝠が出てきたり、地面に落ちたものを踏んだ音にハッとしたりするシーンはドキドキしますね。


①しかし生存者は首から上がない死体になっていた。ショットガンで頭をぶっ放したらしい。

②クレアは自殺した兵士の家から、書置きを発見すし国防長官に詰め寄るが……。


いやいや、こんなやべー話、うかつに国防長官に話したら口封じされるゾ……。なんでクレアちゃんはこんなにうかつなんや。




シェンメイは上海から車で1時間離れた郊外に移動する


①ユーエンという人間の豪邸にたどり着く。

シェンメイはユーエンのことを「おじいさま」と呼ぶ。
2話で救出された際にゾンビ化していたはずの「ジュンシー」が生命維持装置につながれて治療を受けている。
ジュンシーはシェンメイの恋人ではなく弟だったようです。


……え?ゾンビ化した人間ってそんな方法で生命維持できるの?というかそもそもゾンビ化止められるの?謎だ……




②シェンメイの目的もジェイソンと同じく「アメリカ政府の陰謀」を暴くこと。
二人は「ウィルソン国防長官」がペナムスタンの悲劇の張本人だと考えているようだ。


ちなみに、シェンメイはペナムスタンでの内戦時には五等准尉だった。
指令室でオペレーターを務めており当時少将だったウィルソンがMD部隊が生きていることを知りながら滅菌のためにミサイルを撃ち込んだのを聞いていた。



ウィルソンは「とある製薬会社」と組んで、ペナムスタンでBOWの事件を行っていたのだ。



シェンメイの弟のジュンシーは、ウィルソンの命令でこのBOWに関する任務を行っていたのにウイルス拡大が起きたために切り捨てられ、
ジェイソンたちの部隊も、事態の隠ぺいを図るため、生きているのを知りながら頭上からミサイルを撃ち込まれた。



MD部隊はジュンシーを助けた際に、ゾンビたちに襲われて全員感染していた

・ジュンシーの持っていた抑制剤によってゾンビ化を抑えていた。
ジュンシーはシェンメイを通じて上海の資産家であるユーエンのもとに送られたが治療の甲斐もなくまもなく息絶えようとしていた。


・MDは基地に戻り、秘密を守るかわりにウィルソンから抑制剤を受け取ることを受け入れた。
その際に、ジェイソンは偽りの英雄として祭り上げられることになった。こうして、MD部隊はウィルソンの飼い犬として汚れ仕事を命じられることになった。
ゾンビ化の恐怖と、汚れ仕事への嫌悪から精神を病んだ人間から順番に自殺していった……。



・そんななか、最後までウィルソンへの復讐を誓いつつ。ジェイソンはウィルソンの命令に従い続けていた。
・1話の「ホワイトハウス襲撃事件」も、2話の「潜水艦内のバイオハザード」も中国を嫌うウィルソンが、対中感情を悪化させるためにジェイソンに命令して起こさせたものだった。



・今回の裏切りは、シェンメイがジェイソンに対してウィルソンの息の根を止める材料を手に入れたことを伝える形で始まった。



ウィルソンを陥れるための材料は、ジュンシーの体内に埋め込まれていた生体チップだった


なんでもその生体チップに情報が詰まってるんだって。


……なんでそんなセキュリティガバガバな仕組みにしたの?



・シェンメイはそれを受け取るためにユーエンのもとを訪れていた


……よくわからんのだけど、ジェイソンを巻き込まずにシェンメイが一人で取りに行けばよかったのでは?



・シェンメイが情報を持っていることを突き止めたウィルソンは口を封じるためにユーエン邸を爆撃。ユーエンとジュンシーは殺されてしまう。



……ユーエンさんはこれだけの豪邸を持っていて、政府の機密情報を持っていることを自覚しておきながら襲撃に対して全く備えをしてなかったの?



・シェンメイとレオンは命からがら逃げだすことに成功する。



……中国の国土内で、資産家の家を爆撃するという潜水艦爆破よりやばいことをしておきながら、生存者がいないことを確かめずに逃がしてくれるの優しすぎでは?



ジェイソンの目的を察したレオンは……

・シェンメイは正義のためにこのスキャンダルを公表しようとするがレオンはジェイソンの狙いが「正義のためではなく国を混乱させること」であることを察し、チップの情報を公表をいったんとどめ、まずはジェイソンとの決着をつけるのが先!とシェンメイにこたえる。



・ジェイソンを追って、ウィルソンの本拠地であるBOW研究施設を目指すことに。



……ごめん、言ってることがよくわからない。「バイオハザード5の歴史と矛盾するから」という本音が言えないのはわかるが、それは理由になっていないのでは?





ウィルソンにとって不都合な真実を知ってしまったクレアの家に刺客が送られ、クレアは捕らえられてしまう


というところで3話終了。

なんかとにかく展開が早いなぁ…… もしかして4話で終わりなのか?