頭の上にミカンをのせる

実を言うとこのブログはもうだめです。こんなこと言ってごめんね。でも本当です。少しだけ間をおいて終わりがきます。

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

ようやくようやくエルデの王になれました!

絶対無理だと思ってたけど何とかなりました。


ようやく「このままずるずるやってたらマルチプレイの恩恵が受けられなくなって詰むのではないか」という恐怖心から解放された

私は途中で「自分のプレイスキル」を上げて攻略することを断念し、

「レベルをあげてチート武器とチート戦灰(召喚獣みたいなもの)で殴ればいい」という方針に切り替えました。

最悪マルチプレイに頼らなくても本編はクリアできるということを確認するまでとにかく不安でした。

「このままずるずるやってたらマルチプレイの恩恵が受けられなくなって詰むのではないか」という恐怖心が強かった。

でも、私くらい下手くそでメンタルよわよわクソザコな人でも

「とっととレベル上げ方法を確立して最低限強化してしまえば、一人プレイでも本編プレイでの詰みは回避できる」ということを確認できました。


※マリケスもゴッドフレイも、なんどか手助けプレイやってみて1人で倒せる方法を確立しました

というわけで、あとはひたすら自分で思う存分世界を楽しみつつ、ちょっとずつ「霜踏み」などのチートを解禁して自分のスキルアップを目指すのみです。



めちゃくちゃ泣き言言いまくってたしつらかったけど、それでもやめられないくらいに面白かったです。

ここ数日めちゃくちゃ泣き言を言いまくってた気がしますが

それだけ「なんとかして最後までたどり着きたい」という思いが強かったからです。

サブキャラのイベントを除いてストーリーはとことんシンプルなものでしたが、

超巨大なモンスターや建造物、エリアごとにガラッと世界が変わる風景描写、きめ細かい演出など

とにかくこのエルデンリングの世界を探検すること自体の喜びが強く、プレイしてない時でもクリアするまでは

ずっと心もゲーム中の世界の方に行ってたような気がします。


1回目のプレイでは全然真のエンディングに程遠いあっさり内容で終わったので、あとは真のエンディング目指してゆっくりやっていきたいと思います。

トロフィーも40%くらいしか埋まってないです。

ダンジョンやサブイベントなども途中で止まってしまったものがたくさんあります。

とにかくクリアしてしまえば2周目からは装備とアイテム引継ぎでプレイできるのですが

「武器を最強ランクまで育てるアイテム」が有限のため、いきなり2周目はよろしくなさそう。

1周目をもう少しプレイして、強化できるものは強化しきった上で周回プレイに挑みたいと思います。

特に、魔術系や祈祷系は今回全く集めてなかったのでそのあたりをおさらいしつつ、まずは一通りのやり残しイベントを回収していきたいと思います。



【PS4】ELDEN RING

【PS4】ELDEN RING

  • フロムソフトウェア
Amazon
【PS5】ELDEN RING

【PS5】ELDEN RING

  • フロムソフトウェア
Amazon


途中での私の様子垂れ流しにしてたので敷居が高いと感じた人は多いでしょうし実際、誰にでもお勧めできるゲームかと言われたら私は違うと思います。
というか、ほんとにほんとにしんどかったので、このゲームやらんほうがよかったのはという気持ちもちょっとありつつ。


でも私はこのゲームをやれてよかった。 下手をしたら、私が最後にハマった大作ゲームになるかもしれません。