頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

「JUDGE EYES」 火は鉄を験めし、誘惑は正しき人を験めす

おすすめ度★★★

「火は~」というのはトマス・ア・ケンピスの『キリストのまねび(キリストにならいて)』からの引用です( ー`дー´)キリッ ……というのは嘘で、この前からプレイ動画を見ていた「JUDGE EYES」のキーフレーズですね。


www.tyoshiki.com
プレイ実況が8章で止まってしまったので、続きが気になって結局自分でプレイすることに。おかげで休み全部潰れちゃったわ……。
終わり方は大分違うんだけど、「EVE Burst Error」をちょっと思い出しちゃったぜ。

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

EVE rebirth terror(イヴ リバーステラー) - PS4

EVE burst error R

EVE burst error R


ストーリーもよかったけど、ド派手なアクションシーンで敵をぶったおす爽快感が素晴らしかった

龍が如くシリーズは初めてだったけどすげえ面白かったです。


ストーリー自体も謎が謎を呼ぶ展開で途中かなり面白かったのですが、
やはり本質は「敵(悪)を殴ってぶったおす」という極めてわかりやすい部分だったな、と。



推理物だったら事件の全容や犯人がわかったらあとは推理披露してそれで終わりなのに、
この作品の場合は「そこから先」が長かった。


最初は姿も見えなかった敵だったけれど、いざその姿が判明すると、その強大な力をおもむろに差し向けてくる。
あまりにも強大すぎて主人公パーティーたちだけでは勝てなくなる。



主人公は元弁護士だけど、なぜか腕っぷしが強く、またアングラな探偵として仕事をしている。
そのため、事件の黒幕の姿が見えるまでは個人の腕っぷしに頼った解決が多かった。
例えば格闘術などのマンパワーや強引な証拠集めなどでごり押しして物事を解決してきた。


しかし一転して、今度は何度も事件解決への道を力づくで阻止されてしまうことになってしまう。
局所的に起こる戦闘にいくら勝利してもすこしずつ追い詰められていくイライラ展開が続き、
その途中で大事な人間が途中で命を失ってしまったり、勝利への道筋をすべてふさがれてしまう。
「ここで勝った!」と思ってからのある人物の裏切りは、まじかよ……ってなりましたね。



最終的には「結局暴力で勝てない相手には屈するしかないのか……」というところまで追い込まれる。




しかし、ギリギリまで追い詰められた後で
主人公が今まで過去から逃げてきた3年前の過去と向き合い、不退転の決意を固めてからは
今まで対立していたやつらも手を貸してくれる展開に。


一計を案じてついに黒幕を裁判所に引っ張り出し追い詰めることに成功する。

あの先生は勝つ側にしかつかねえ。そんな〇〇にあんたは見限られたってわけだ。

この辺りの展開はとてもよかった。



ここで穏やかに弁護士として勝利して終わり、でもよかったんだろうけれど
この作品では主人公は法廷を途中で抜け出して探偵として最後の展開を迎える。
最後まで格闘シーンモリモリである。
ちょっと無茶ありすぎるやろ、とは思ったけどこの作品ならではのノリと勢いを感じられてすごく好き。 
格闘シーンは途中からワンパターンだなとは思ったけど、なんだかんだいって楽しかった。



キャラクターはメインどころはもちろんのこと、モブキャラまで一人一人丁寧に作られていてとても魅力的。
特に好きなのは「滝藤賢一」がモデルの綾部刑事と、やっぱり海藤さんかな。でもみんな印象的だった



個人的には、そーせい株ホルダーとして、「アルツハイマー型認知症」がテーマというのが胸熱だった

この作品ではアルツハイマー型認知症が重要なテーマとして取り上げられている。
認知症が社会的にどれほど問題なのかとか、作用機序まで説明されていました。

また、個人的にアルツハイマー型認知症の開発を実際に行っているそーせいに投資してる身として胃が痛くなる展開に。

www.msn.com

kabumatome.doorblog.jp

barista-stock.hatenablog.com

togetter.com

www.tyoshiki.com



なお、そのあとでエーザイも失敗してます。
kabumatome.doorblog.jp



こういうことを知っておくと、よりジャッジアイズの展開が楽しめるでしょう。


もちろんですが、アドデックナインのP2程度で国家が動くとかナイナイです。
せいぜいSBIの北尾さんがクソみたいなあおりをするだけです。

また、そーせいの場合は、行政の規定以上に厳しい基準で長期間かけて安全性確認を行っていました。
また、その結果問題があるとわかった時点で即治験を停止しています。


なお特に意味はありませんが、

そーせいの治験停止IRが出たのは2018年9月。
ジャッジアイズが発売されたのは2018年12月。
エーザイの抗Aβ抗体アデュカヌマブの失敗は2019年3月。
ピエール瀧が薬物中毒で逮捕されたのは2019年3月でした。



JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版 - PS4

JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版 - PS4

そーせいなどのバイオ株ホルダーはこの作品プレイしながら、作中の描写にマジ切れしながらツッコミを入れたり
HTL0018318の停止のトラウマを掘り起こされてもだえたりもだえなかったりするといいと思います。