頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「優駿たちの蹄跡」9巻  いきなり北島三郎さんが登場してびっくりした

www.tyoshiki.com

の続き。



スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 9巻

スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 9巻


1話 トウショウボーイ

父はテスコボーイ、母はソシアルバタフライ。父の3代先と母の4代先にハイペリオンがいる「いわゆる3×4配合」。意外なことにデビューは遅く、3歳の1月から始動。無敗の皐月賞馬となり「天馬」の称号で呼ばれる。

f:id:tyoshiki:20210424205023p:plain

種牡馬として、当時安い金額で弱小牧場の繁殖牝馬にも種付けを行っていた。景気がよかったこともありトウショウボーイの馬は高く売れたことから「お助けボーイ」と呼ばれていた。
テンポイントと同じ蹄葉炎が死因。(と言ってもテンポイントが蹄葉炎になったのは予後不良の後安楽死措置を取らなかったことによる合併症である)


f:id:tyoshiki:20210424205546p:plain
結局1歳年下のマルゼンスキーとは一度も対戦せずに終わった。

f:id:tyoshiki:20210424205751p:plain
それにしてもこのマンガの逆神っぷり半端ないな……(作者が期待を込めた描き方をするとダメになり、ダメっぽいって描くと大成功する)って思ってしまうんだけれど、実際は競馬というのはそれだけ難しいということだろう。

ともあれ、1巻でテンポイント、8巻でグリーングラス、9巻でトウショウボーイを描き、ようやくTTGすべて描き切った形になるね。



2話 名調教師・川島軍団

船橋競馬場所属のカリスマ調教師・川島正行を主役としたエピソード。10年間の戦績は勝率35%~49%、連対率47%~68%という凄い成績。

・もともと騎手を務めていた。船橋競馬場のリーディングジョッキーの経験もあり、その後調教師資格を取るも地元の調教師会との確執から嫌がらせを受け、1年間厩舎開業が出来なかった。

演歌歌手の北島三郎が調教師会の会長に談判しに行ったところ即日入会が認められる。(なんじゃこの強すぎるエピソード)。さらにキタサンテイオーを川島厩舎に預けることになる。

f:id:tyoshiki:20210424210831p:plain

・その後、馬房数5しかない状況から成長を続け、「川島再生工場」と呼ばれるまでになる。最終的には5年連続7回目の最優秀調教師賞に輝いた。

東京大賞典を連覇し、ドバイ遠征も行った「アジュディミツオー」が有名。
www.youtube.com

f:id:tyoshiki:20210424211530p:plain

この作品、時代が時代なのでしょうがないんですがやたらと「サラリーマン賛美」と「母の愛」を強調する作風だったりして人によってはうーん、ってなるかも?



3話 チョウカイデュール(ジェイダラス)

www.youtube.com
メリーナイスの5着に終わった馬。中央だけでなく地方でも勝てなかったが乗馬として活躍する。

f:id:tyoshiki:20210424212014p:plain



4話 レガシーワールド

f:id:tyoshiki:20210424212301p:plain

www.youtube.com

団塊世代のお説教みたいなお話。なんか美味しんぼ読んでるみたいな気分になる。
それはいいんだけどレガシーワールドあんまり関係ないよね・・・ってなる。


レガシーワールドはアニメ2期でも登場し、トウカイテイオーと有馬記念で戦っています。

www.tyoshiki.com

トウカイテイオーと同世代でまだ生きているのが凄い。
umabukuro.com

去年ビワハヤヒデ・ナリタタイシンは病気でなくなってしまいましたが、ウイニングチケットとご長寿争い頑張ってほしいですね。