頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「ビジネスにおいて価値の高い言語化」がもたらすパワーをクリムゾン先生に学ぶ

blog.tinect.jp

「ビジネスにおいて価値の高い言語化」というものは、二つの要件を必須としています。それは、「明確さ」と「再現性」です。

一度明確な言葉で言語化をすることが出来れば、何度もその言葉を使い回すことが出来る。

これは、「その後の言語化のコストを丸々省略することが出来る」ことを意味していて、ビジネス上非常に価値が高いです。

これらを実現する為に、使うと便利なのが「テンプレ」とか「型」です。

この話を読んで、最近YouTubeで見た「クリムゾン先生」の話を思い出したので紹介しておきますね。 「ビジネスにおいて価値の高い言語化」の話は記事の最後にします。





www.youtube.com

動画観てもらった方が早いと思いますが面白かったので簡単に箇条書きでまとめます。 ※ちなみに文章中では作者様への敬称は省略していますのでご了承ください。




最近は、「女性が」「スマホ」でエロ同人を読むことが凄く増えているらしい

FANZAやDLSiteでは、購入者の属性などのデータが手に入るそうです。


クリムゾンは「男性の射●よりも、女性の絶頂をメインに描く」「女性は気持ちよくはなるけどリョナ的なひどい目には絶対に合わせない」などのルールを設けていることもあり


クリムゾンの漫画の流儀
・後に残るような傷は負わない
・妊娠しない
・廃人にならない
・気持ちよくなる前に挿入はしない
・なるべく顔は汚さない(よだれなど)
・女性が寝る床面はなるべく柔らかい場所にする

男性向けエロ同人でありながら、女性も「クリムゾン先生の作品だけは読める」という人が結構多いそうです。


そんな女性人気が高いクリムゾンの場合でも、PCだと男性が9割、女性が1割とほとんど女性がいなかった。


しかし、スマホが普及し始めた後スマホでの男性読者・女性読者の割合を調べてみると、5:5と現在ではほぼ同じなのだそうです。

特に「裏垢系女子」といって、自分がHであることを匿名でこっそりアピールするような女性から支持されているのだとか。


現在は、FANZAユーザーでも7割がスマホ、3割がPCユーザーということで、スマホに対応しなければ生きていけない時代に……。

さらにいえば、エロコミックはBookLive!やコミックシーモア、ケータイサイトの人気がどんどん高まっているため、スマホでも読みやすいかどうかは凄く重要になってきている、というのは前回の「ハイエロ」さんの記事で紹介した通りです。



クリムゾンのマンガが「痴漢ものが多い」のもスマホでの読み方を意識しているらしい

クリムゾン作品は、電車での痴漢ものが多く、本人も技術的にそれを楽しんで描いているそうです。

これもちゃんと理由があって、スマホで読む場合に「縦長の画面」「画面自体はPCより小さい」という事情を考えると、「立ち絵がメイン」で「大ゴマ」にしやすい痴漢ものはすごくマッチしているのだとか。

f:id:tyoshiki:20210823204336p:plain

紙で同人誌をだすのに慣れてる人ほど、ページを細かく割ってしまうのでかなり対照的。
f:id:tyoshiki:20210823204412p:plain

やっぱり売れてる人がこういうところも考えてるんやなあ……。



ちなみに、エロ同人出身で一番売れてる作家さんは誰?という質問に対する答えは……

伊東ライフからは「なかじまゆか」ではないかという答えが出ました。

f:id:tyoshiki:20210823204701p:plain


以前調べた記事によると、エロ同人の中だけで見たらこんな感じですが、

www.tyoshiki.com

f:id:tyoshiki:20210823204921p:plain

FANZAの売上以外にもいろんな媒体での展開などオリジナル等含めて最強なのではないかとのことでした。

ちなみにクリムゾンの答えは「春輝」でした。(なお、Type-Moonの菌糸類と相棒のお二人は除くとのことwww

f:id:tyoshiki:20210823205120p:plain

毎年数億円稼いでいるクリムゾンから見ても桁が違うそうです

やはり、FANZAとかDLSIteってまだまだ規模としては小さくて、ケータイコミックで首位に立つことが最強なのか……。




クリムゾンは意識して「テンプレ」を作り上げ、それを常に磨き上げ続けている

んで、冒頭の話に戻りますが、クリムゾンは「自分が描きたいもの」と「需要」とのすり合わせを常にトレーニングしているんだそうです。

あれだけ作品を出しているのに、毎回毎回ちゃんと研究してるというのが凄いな……。

クリムゾン作品は、スターシステムを遣ったり、人気のある設定やシチュエーションを使いまわしているため、

毎月1冊ペースでどんどん作品が出てくるのですが、それも「明瞭」で、かつ「再現性がある」ものをクリムゾンの中で言語化できているということでしょう。

そして、その作品がきちんとコンスタントに売れているわけで、ビジネス的にも成功しています。

実際、クリムゾン作品を読んだことがない人でも、クリムゾン作品がどんなパターンか知ってる人がいるってどんだけすごいんだよ……。

現世に転移したHENTAIの元祖葛飾北斎がクリムゾン先生の作品の「斬新さ」について分析するお話 - Togetter



オリジナル作品だけで11年間で113作品、9300ページ分(単行本45冊分)の作品を生産し(FANZAだけで)累計170万本の売り上げを達成

クリムゾン先生の作品はだいたい1200円~1400円のラインが多く、卸値が800円~900円ラインです。

値引きもほとんどしないので単純に計算すると800×170万=13億円くらいの収益となります。

①さらにDLSiteでもこの5分の1程度の売り上げがあり、(0.2)

②紙媒体、二次創作関連(220作品、11000ページ)での売り上げは全く含めておらず、(1)

③さらに同人ゲーム作品、アニメ化作品、実写化作品、音声作品なども出しており、商業でもいくつか作品を出しています。(0.2)

④YouTubeの話の感じだと、ケータイコミックやAmazonKindleなどのサービスにも展開されており、むしろこちらの方が売り上げが大きい作品もあるとのことなので……(1)

累計で言うと40億~50億くらいは稼いでいらっしゃるのではないかと思います。

最近はYou Tubeの動画配信も積極的に行われており、こちらも10万ユーザーを越えてたりともう何やらせても神の領域に到達しちゃうのほんとすごい、、、



さらに、最近は「クリムゾン全集」と言ってオリジナル作品だけをまとめた本を発行されていました。


発売されてからまだ一ヶ月経ってませんが、すでに今までエロ同人誌業界で最も単体での売上額が大きかった「伊東ライフ大全集」の売上本数を超えました。(そういえば伊東ライフも有名なテンプレを持ってましたね)

11000円もするのに現時点で10500本を売り上げています。わずか1ヶ月以内で1億円近い収益になっているということですね、、、

f:id:tyoshiki:20210825110654p:plain
クリムゾン全集リアル編

f:id:tyoshiki:20210825110732p:plain
クリムゾン全集ファンタジー編


伝わる、求められる、拡散されるテンプレを作り、それを進化させ続けることのパワーをこの上なく発揮されてるクリムゾンさん。

「ビジネスにおける価値の高い言語化」の象徴と言えるのではないでしょうか。