頭の上にミカンをのせる(&1年かけて整体する)

「命令されなきゃ、憎むこともできないの?」(ブルーアーカイブ#3 エデン条約編3.私たちの物語)

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
絶対に痩せるぞ2023年
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

ドイツの産業についてChatGPTで確認してみた

anond.hatelabo.jp

半導体の分野では、ドイツには世界的な企業があるけど日本はキオクシアとかしかないし、パワー半導体でもドイツにはInfenionテクノロジがあって日本には三菱とか富士電機の弱小連合しかないのに。素材とか製造装置で頑張ってるだけで主流ではアメリカどころかドイツにも負けてるのに……。医療機器でもアメリカが4割、ヨーロッパが4割で日本は1割くらいまでシェアを落としてるのに。もうサブカルと自動車くらいしか世界に勝ててるものがなくて、自動車もドイツはEVシフト全力、再生エネルギー全力なのに対して日本はかなり出遅れてるのに……と思ったら割とはてブでも「そういえばドイツって何があるんだっけ」とか言ってて地獄のようなコメント欄だった。

実を言うとはてなはもうだめです。突然こんなこと言ってごめんね。
でも本当です。2、3か月にものすごくChatGPT関連のネタがバズります。
それが終わりの合図です。程なくはてなの大幅減益発表が来るので気をつけて。
それがやんだら、少しだけ間をおいてはてなブログとはてなブックマークサービス終了のお知らせがきます。

とかなったら面白いけど、テクノロジとサブカル以外はもう完全に役に立たない話ばかりがバズって老人たちの寄り合い所みたいになってるのは、ある意味はてなの生存戦略なのかもしれません。

ChatGPTの回答

はてなブックマークではとにかくドイツは大したことなくてユーロ圏から吸い上げてるだけだっていう意見が多いですね。

その要素がないわけじゃないけど、それだったらEU内での1人あたりGDPが最大になってないとおかしいだろってなるんですけどね……。

Q:なぜ日本はGDPでドイツに抜かれてしまったと考えますか?

A:日本は1980年代から1990年代にかけて経済的な成功を収め、世界第2位の経済大国となりました。しかし、その後、資本主義の過剰拡大、不況、財政赤字などの問題に直面し、成長が鈍化しました。
一方、ドイツは1990年代に経済的な改革を行い、労働市場の柔軟化、企業の財政再建などを行ったことによって、経済を活性化し、GDP成長率を維持し続けています。また、ドイツは、卓越した産業構造を有し、高度な工業化を持つ国であり、自動車、機械、電機、化学、鉄鋼などの製造業に強いことで知られており、これらのセクターは世界的に競争力が高いです。
日本は、これらの分野についても高い技術力を有していますが、経済的な持続可能性を持続するためには、経済改革や、新しい産業の創出が求められていると考えられます。

もうColaboみたいなネットローカルの話題とかサブカルの話題以外では、はてブコメントって限りなく無価値に近いのではないか。


もうこういうのははてなで質問してもろくな答えが返ってこないのでChatGPTで確認する時代なんだろうなあ…
今まで「ともあれはてなは滅びるべきである」って言ったけど、もう実用性という面ではとっくに滅びてるかも……。

三人寄れば文殊の知恵とか言ってたけど、もはやはてな民200名集まっても役に立たないし
そもそも人類はビッグデータに勝てない。怖い時代になったなあ……。ごめんね。

今までの自分だったらこういう感じでググって調べてた

こういう話はまずJETROで基礎データを確認。
www.jetro.go.jp
日本と比べても輸出比率が非常に高く、ヨーロッパでの自動車生産のメインとなっていることがわかりますね。

ドイツ企業で売り上げ上位10社のリストを見ると半分が自動車で、あとはエネルギー・通信などが強いですね。
www.creditsafe.com

さらにレポートが出ているので見てみましょう。
www.global-marketing-labo.jp

ドイツは他の先進国と比べてGDPに占める製造業の比率が高く、自動車や電気機器、化学産業においてグローバルで展開している企業も多く存在する。近年では環境対策への法規制が進む中で脱原子力が掲げられるなど、再生可能エネルギー業界への注目度も増している。また2015年以降、政府の財政が改善されている点や、EU圏内での貿易が全体の約60%を占めるものの、特定の貿易相手国への依存性が低い点も経済の安定性という観点からはプラスであると考えられる。


このあたりで軽く調べてからそれをまとめるってような作業をしてたんだけど、今後はChatGPTで質問した答えを確認してまとめるだけになるしなんならいちいちまとめなくても各人が同じような質問をすればいいじゃないですか。
もう私の存在価値全くないわ……。

他にもChatGPTで聞いてみた

Q:「ドイツは研究開発においても優れており、特にバイオテクノロジーやエネルギー、環境技術においては世界的に有名です」についてもう少し詳しく

A:ドイツは研究開発においても優れており、特にバイオテクノロジー、エネルギー、環境技術においては世界的に有名です。それは、ドイツの強力な教育システム、研究施設、企業との深い連携などがあってこそです。例えば、ドイツはバイオテクノロジーの研究において世界的に有名な研究所を持ち、バイオテクノロジーに関する企業も多数存在します。また、エネルギーに関しては、再生可能エネルギーの推進に積極的であり、環境技術においてもクリーン技術や省エネルギー技術などに積極的に取り組んでいます。


Q:ドイツの「バイオテクノロジー、エネルギー、環境技術」において世界的に有名な企業を2~3社ずつ教えてください。

A:バイオテクノロジーにおいて世界的に有名なドイツの企業として、Qiagenや Merck KGaAなどがあります。エネルギーにおいて世界的に有名なドイツの企業として、Siemens AGや EON SEなどがあります。環境技術において世界的に有名なドイツの企業として、Basf SEや Veolia Environnement SAなどがあります。

Q:ドイツの産業を規模が大きい順から上位5位まで教えてください。

A:自動車産業、製造業(特に機械、電機、鉄鋼など)、化学産業、電気・ガス・水道産業、食品・飲料産業
上記のように、ドイツの産業の中でも自動車産業が最も規模が大きく、世界的に有名な企業であるMercedes-BenzやBMWなどが存在します。製造業も、機械、電機、鉄鋼などの分野で世界的に有名な企業が多く、規模も大きいです。また、化学産業もドイツの産業の中で重要な位置を占めており、世界的に有名な企業であるBASFなどが存在します。

Q:ドイツのIT関連企業の売り上げ上位5社を教えてください。可能であれば年間売上額も合わせて知りたいです。
現在のドイツのIT関連企業の売上額上位5社については、私には最新の情報がありません。また、IT関連企業は常に新しい企業が参入し、売上額も年々変化するため、現在の数値を提供することは困難です。しかし、ドイツには、SAP、Bosch、Siemens、Infineon Technologies、Deutsche Telekomなどの大手IT関連企業があります。これらの企業は、ERP、IoT、セミコンダクター、通信などのIT分野で世界的に有名であり、売上額も高いです。


Q:ドイツの産業でこの20年で最も成長した分野は何になりますか?上位3位まで教えてください
ドイツの産業でこの20年で最も成長した分野については、具体的な数値は分かりませんが、以下のような分野が挙げられます。

①クリーン・グリーン・サステイナブルなエネルギー ②産業4.0(インダストリー4.0)③ロボット・人工知能・IoT

クリーン・グリーン・サステイナブルなエネルギーは、ドイツが推進する再生可能エネルギーの普及によって、発電能力が増加し、環境に配慮したエネルギー開発が進んできました。産業4.0は、自動化、デジタル化、インターネット接続などを統合した産業革新の概念として、ドイツの産業界にとって非常に重要であり、これにより生産性の向上、コスト削減などが期待されています。ロボット・人工知能・IoTは、ドイツの産業界においても重要なトレンドの一つで、自動化、生産性の向上、コスト削減などが期待されています。ただ、これらの分野は他にも多くあり、現在も成長し続けているため、確定的な結論を出すことは困難です。

※さらに一つ一つ掘り下げて質問することが可能です。

Q:ドイツのクリーン・グリーン・サステイナブルなエネルギーで有力な企業を3つ教えてください

A:ドイツのクリーン・グリーン・サステイナブルなエネルギーで有力な企業として、以下のような企業が挙げられます。

EON SE: ドイツを代表する大手電力会社で、再生可能エネルギーの大規模な開発に取り組んでいます。
EnBW Energie Baden-Württemberg AG: 南ドイツを中心に展開する大手電力会社で、太陽光発電などの再生可能エネルギー開発にも力を入れています。
RWE AG: ドイツを中心に展開する大手電力会社で、再生可能エネルギー開発に取り組んでおり、太陽光発電や風力発電などにも取り組んでいます。




おまけ

Q:ドイツのサブカルチャー関連ビジネスの規模は日本と比べてどのくらいの大きさがありますか?
A:ドイツでは、サブカルチャー関連ビジネスはまだまだ小規模なものが多く、日本に比べると規模は小さいと言えます。また、ドイツのサブカルチャー関連ビジネスは日本に比べ、多様性が少なく、特にアニメやマンガに対する需要が少ないので、それに対応する企業も少ないと考えられます。


Q:ドイツにおいて人気のアニメ・マンガ作品はありますか
A:ドイツにおいて人気のアニメ・マンガ作品はありますが、日本に比べると需要は少なく、アニメ・マンガブームはあまり顕著ではありません。それでも、ドイツにはアニメ・マンガを愛するファンが存在し、特に漫画はかなり古くから存在しており、過去には「Asterix」や「TinTin」などが人気を博しました。近年では、日本の作品も翻訳され、海外の作品も翻訳され、ドイツの人々にも楽しんでもらえるようになってきています。 例えば「ドラゴンボール」や「ワンピース」などは人気作品として受け入れられており、イベントやコミックマーケットなどでも見かけることができます。



もうだめだ…ChatGPTがあればはてなブックマークも私のブログも不要だ……

だからなぜはてな民は、はてなの中で議論しようとするのだ……。
というかはてなブックマークで200以上コメントが集まってもほとんど情報がふえないのコスパが悪すぎる……。
こんなん「お前の中ではそうなんだろうなお前の中ではな」「あなたがそう思いたいのが真実です」じゃん……。

かといって私もこの問いに答えられるわけではなく。
数年後には私含めてChatGPTによって真っ先にネットから淘汰される存在になりそうでやだなあ……。


なんてことだ。

もう投資情報も全部これでいいのでは?って思って調べてみたらそっちはいまいちだった。質問の仕方にコツが要りそう