頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

今のネットは「私刑なくして人権が守れなくなっている状況」=「公共への安心感がなくなっている」状態だよね

男性所長を本部人事部付へ異動し、更迭したと明らかにした。所長本人から詳しく事情を聴くなどして、「処分を検討する」という

現在は調査処分待ちとのことです。



ネトウヨさんが身バレして破滅した、だけだったらあんまり興味なかったんですが。どうもこのネトウヨさんはもともとは民主党支持者だったそうですね。

ネトウヨとかねとフェミとかはただの暇つぶしと承認欲求に飢えてるだけで、確固とした思想性(?)がある人はあまりいないと感じる

なんかこれを見て、逆にネトウヨだったけどネトウヨをやめた人を思い出しました。

彼は某ネトウヨ御用達なテレビ番組のファンでした。その番組にのせられたのかどうかは知りませんが、ネトウヨ嫌韓を拗らせ、嫌韓でネットDE真実フジテレビデモにまで参加し、ほめてもらえると思って名前と顔だしまでして雑誌に載り、「雑誌に取材されました!」と大喜びしてブログでも自慢していました。

しかし雑誌に載った彼に対して仲間と思っていたネトウヨたちから返ってきた反応は彼の主張を無視して、彼の容姿をあげつらい、ネタにするようなものばかり。あげく、そのネトウヨ御用達テレビでも、彼の思想ではなく容姿だけが晒上げられネタにされる始末。動画見ましたが、芸能人でもない一般人の容姿をいじって笑い合っているゲストたちは本当にひどいと思いました。*1

この「裏切り*2」にショックを受けた彼はネトウヨ2ちゃんねるを嫌悪することになります。これ以降の彼は反民主や嫌韓といった感覚は持ち続けているようですが、一方でネットで盲目的に承認を求めることはなくなりました。

痛い思いはしたけれど、こういう経験があると、匿名の集団なんぞを信じる愚を犯さなくてもすむことでしょう。たぶんこの経験がなければ彼のネトウヨ活動はエスカレートし続けて、今回身バレから人生オワタ人と同じようになっていたかもしれません。


私はこの事例を知っているし、自らも仕手株相場で「信者化」した経験があり、非常に反省しているので、改めて「周りがどうあれまずは自分で考える」「自分と同じ考えの人だけでなく、いろんな考えの人と付き合う」ということがとても大事だと思っています。

今ネトフェミ活動に応じて「男の金玉つぶしたい」などの下劣なハッシュタグで盛り上がっている人たちや、それに対してアンチフェミ活動をしてる棘の人たちは、多様性を訴えながら均一化した自分にとって気持ちよい関係だけを求めた結果、こういう構造に取り込まれて自分で思考してるつもりで実際には操られてる人たちなんだろうなーかわいそうだなーと思ってみています。


今回の件で一番うんざりするのは、ネットが「やったもん勝ち」な汚いものであふれかえっていて、基本的に「不信」や「私刑」「通報」という形で対応せざるを得なくなっている状況

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1331265

今回の件で、このコメントが一番人気だったことにはちょっとだけ安心感を覚えています。

「属国根性の卑怯な食糞民族!」差別繰り返す有名ネトウヨyoubo、身バレし世田谷年金事務所所長と判明 - Togetter

この件も含め、私刑なくして人権が守れなくなっている状況はどうなんかなーと思う。本来はアカウント停止とか逮捕とかそういう話になっているはず。

2019/03/24 19:02

「属国根性の卑怯な食糞民族!」差別繰り返す有名ネトウヨyoubo、身バレし世田谷年金事務所所長と判明 - Togetter

Twitter社が早くアカウント停止とかしてれば、この人も身バレしなかったかもな、などと思う

2019/03/25 05:39

「属国根性の卑怯な食糞民族!」差別繰り返す有名ネトウヨyoubo、身バレし世田谷年金事務所所長と判明 - Togetter

まず肩書き関係なくこの発言一発でban案件。百田らのレイシズム全開の発言は野放しの一方、言葉使いの荒さで垢凍結というツイッター社の判断基準がおかしい。その上で此奴には肩書きと信用を全て失わせるべし。

2019/03/25 10:03


ネットが今けもフレ2なみにギスギスしているのは、それだけ「ネットの公共」というものに不信や不公平感が渦巻いているからだと思います。


私自身、はてなブログにはびこる「互助会」が放置されていることに関して、はてな運営には強い不信を抱いており「自衛」のために余計なリソースを取られています。

これが「自衛」にとどまらず、中間の部分をすっぽかして「国全体」「男女全体」まで飛んで、アベやら韓国やら男やらといった「敵」を叩くことにご執心な人たちについても、アホだから相手にする価値はない、とは思うけれど気持ちは分からないでもありません。

「公共」というものへの信頼が失われ、隣人を信じられなくなり、誰もが誰もを監視し、ちょっとでも問題があれば通報したり、仲間で囲んでリンチするみたいなのが当たり前の光景になっている現状ってとても怖いなと思う。

この作品では関東大震災の時に起きたとされる朝鮮人虐殺事件をなぞったリンチ殺人が描写されますが、本当にえげつないです。




そういえば内容ちゃんと確認したことないや。暇な時にでも読みます。

*1:でも、この人が数年後にSEALDsをバカにしまくっていた時には「もしかして記憶喪失かな?」と本気で心配しました

*2:常識的に考えれば、もともとネトウヨに仲間意識を持つということ自体ただの勘違いであり、彼らは単に対立構造で勝ち馬に乗りたい人間の集まりであって、弱いものなら何でも批判するだけなので当然の結果なのですが、彼にとっては裏切りだったでしょう