頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「優駿たちの蹄跡」(7/15)  オグリキャップの再来を期待された笠松の牝馬といえば…

スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 7巻

スーパーホース列伝 優駿たちの蹄跡 7巻

1話 ライデンリーダー

年を取るにつれ超絶気性難になっていった。
f:id:tyoshiki:20210424184759p:plain


当時笠松のトップジョッキーだった安藤勝己をも振り落とすやんちゃぶり。
f:id:tyoshiki:20210424184850p:plain

・地方では10戦10勝して中央に乗り込み。桜花賞トライアルレースに挑みここでも勝利。オグリの再来を期待され、桜花賞に挑む際は厳重な警備がついたとか。

・しかし桜花賞・オークス・エリザベス女王杯すべてで惨敗。 地方に戻っても急に勝てなくなった。

・さらに白線裂(蹄がボロボロになる病気)にかかり、その後も絶好調で走れることはなかった。

・結局その後も勝てなかったがファンには応援され続けた…のかな?
f:id:tyoshiki:20210424185532p:plain



2話 タニノハローモア

3強といわれていたマーチス、アサカオー、タケシバオー(実際に2着~4着になってた)を寄せ付けない走りで勝利。

www.youtube.com
一時期東京大学農学部の附属牧場にて繋養されていた。



3話 37年ぶり海外Gレースで勝利したフジヤマケンザン

母がオキワカの仔ワカスズラン。オキワカはテンポイントの母。(クモワカ→ワカクモ→オキワカ→ワカスズラン)

f:id:tyoshiki:20210424190403p:plain

www.youtube.com



4話 103戦した後、10歳で乗馬になったスペインランド

もと競走馬を乗馬馬に調教する過程を描写。
f:id:tyoshiki:20210424190748p:plain

調馬索を使って馬体や姿勢を変えてしまう。

f:id:tyoshiki:20210424191006p:plain
さらに徒歩調教などで足の運びも教えるなどなど。


5話 白い逃亡者 ホワイトフォンテン

1975年 日経賞 残念ながら動画はなし。

www.youtube.com

www.youtube.com


逃げ馬はいつ見てもいいのう……。