頭の上にミカンをのせる(&1年かけて整体する)

「命令されなきゃ、憎むこともできないの?」(ブルーアーカイブ#3 エデン条約編3.私たちの物語)

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「裏バイト・逃亡防止」(3巻~6巻まで) : 広告でよく見かけるやつは43話と65話でした!

www.tyoshiki.com

の続きから。


この作品面白い・・・読むのが止まらん。作品のテーマがテーマだけになんかやばいのではないか(笑)

マンガワンで無料で読める&だいたい3~4回で1話終わる。1日4話まで無料で読めるマンガワンのシステムに最適化されていてとてもありがたい作品。特に無理せず1日ずつ読めば、無料で全話読めます!

なんだけど結局買って読んでしまったわ……。怖い怖い怖い。


水族館スタッフ(時給10万×4時間×10日=400万)

・珍しく主人公たち以外が生き残るバイト回。
・恐怖っていろいろあるよね。オーソドックスなものだと未知の者や怪異に対して恐怖を感じるが、たとえ既知のものであっても「コミュニケーションが通じない」「理解できない行動原理で動いている」「向こうの方が強くて向こうから一方的に干渉される」もの、「巨大なもの」はそれだけで恐怖感じるよね。


また死ぬことが前提のバイトになってるやん…高額の奴ほど「どうせ死ぬ=渡さなくてもいいからいくら高値でも問題ない」やつが多いな……。


学校用務員(日給9万円×6日=54万円)

・二人がペアだと乗り切れる率が上がってきたが「では二人が分断されたら?」「ユメちゃんの察知能力が効かなかったら?」という回。
・今までの話すべて理不尽だけど、本作品は今までで一番理不尽で、クトゥルフ的な何かを感じる。

正直これどうやって生き延びればいいのか読んでる最中全然わからなかった。リスクのわりに値段が安すぎるだろ…。ハンター×ハンターの「ドキドキ二択クイズ」が好きな人はこの回の結末はすごくグッとくると思う。


探偵助手(100万円)


ジョジョリオンのラスボスみたいな能力をもつ厄介な怪異。一般人が立ち向かうにはハードル高すぎないかこれ…。
「虚構推理」の「鋼人七瀬」が好きな人はこのシナリオも好きだと思う。


31話~ 温泉宿スタッフ(1か月250万)

「良い話には必ず代償がある」という話かとおもいきやこれはえぐい……。


34話~ ラジオ局AD(1か月で200万)

ガマズミの実は、1粒は小さいですが、濃紅色で華やかさがあり、人目を引く美しさがあります。このことから「私を見て」「私を無視しないで」という花言葉が付けられました。

ここでナゴミの過去が少し語られて、少し物語が動き始める。





37話~ ブライダルスタッフ(時給5万円×8時間×2日=80万円)


結婚生活で文句言ってる人たちはこれしかないな(違)
やっぱり雇い主がバイトを殺す前提ではない仕事は安いな…

40話~ ファミレス店員(1週間で210万)

非常に示唆的なお話。異常な状況に巻き込まれたときに、その空気に合わせるか合わせないか。どっちが正しいのか。

統一教会絡みのはてなブックマーク空間は異常すぎるけど、それに適応して流されるべきか、そうならざるべきか、など。

43話~ 家政婦(日給79万×8日=632万円)

うわー、待ってた!

読んでみたらまさかのいい話だった・・・。これはネタバレなしで読んでほしいから何も書かない。


45話~ 空地探し(50万×3+50万=200万)

「初登場で強キャラっぽいオーラを出してるけど実はたいしたことなかったキャラ」っていいよね……


48話~ 海の家スタッフ(時給10000円×7時間×9日=63万)

わたし、匂いで危険がわかるんです。けど、もはや匂いなんて何も感じない…ただ、恐ろしい。


二人が完全に敗北するシナリオ。正直裏バイトでこれをやるのは反則だと思うけどまあたまにはね。

51話~ 葬儀屋スタッフ


モブサイコで見た・・・と思ったらフラテルニテだった。
みんなフラテルニテってオープニングの美少女の輪しか知らないかもしれないけど本当はこういう話だからね…。
ただ、この話はなんかすっきりしなかったなー。

54話~ 駅員バイト(時給12000円×8時間×2日=20万)

ユメちゃんの家族が登場する回。

見える子ちゃんみたいな展開だけど、見える子ちゃんが物足りない人にはすごくお勧め。
リスク高い割には給料が安いのは公共セクターだからかな……。 なお本当にやばいのはエピローグから。

57話~ 遊園地スタッフ(0円)


裏バイトの面白いところはゲームバランスの絶妙さ。「基本的には」ユメちゃんの言う通りにリスクを避ければよい。ただ、これだけならそれほど長い間楽しむ続けることはできない。怖い思いはするかもしれないが画面の向こうのホラーゲームを鑑賞するような気持ちで済むから。
しかし本作の場合は時々リスク回避してるだけでは助からなくて能動的に行動してキーアイテムや謎の答えをゲットしなければいけないことがある。「空地探し」や「ADスタッフの回」などが該当する。ただ、能動的に動くとそれだけ短期的な死亡リスクが高まる。投資でいうと普段は「インデックス投資」推奨で、たまにどうしても「裁量トレード」が求められるみたいな塩梅だ。これによって毎回緊張感をもって物語を楽しめる。
ちなみに今回のボスは強すぎる(ジョジョでいえばゴールドエクスペリエンス・レクイエム的な存在)ので本来は絶対勝てないのだが、前回からの続きの「裏技」によってギリギリ助かる。


60話 キャンプ場スタッフ(日給25万×5=125万)

おい急に金田一少年の事件簿みたいな話がはじまったぞと思ったら、さすが裏バイト。「そもそもどうして犯人がわかったからといってそこで事件が終わりになるの?」といわんばかりにちゃぶ台をひっくり返される。 

ロジックなんかない。私ら裏バイトなんで、ワケわかんない世界でやってくのが仕事なんですわ

65話~ 映像編集(日給20万円×3日=60万)

みんな大好き「This Man」ネタですね。
www.nicovideo.jp
うーん。なんかいまいち。

66話~ 農業手伝い(日給35万×10=350万)


ユメちゃんの危機感知能力が一切機能しないかなり危険な回。危険生物に見えるやつがむしろ味方(被害者)であり、仲間に見えるものこそが敵(侵略者)というパターン。人間こういうパターンが一番引っかかりやすいので気を付けないとダメですね……。