頭の上にミカンをのせる(&1年かけて整体する)

「命令されなきゃ、憎むこともできないの?」(ブルーアーカイブ#3 エデン条約編3.私たちの物語)

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

徒然草150段・能をつかんとする人:「学びたければ稼げ、お金を払っている場合ではない。好きなことは金を払ってやれ、お金をもらってやるな」

togetter.com

Ⓒかっぴー「左ききのエレン」15巻

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。

https://tsurezuregusa.com/150dan/

これから芸を身につけようとする人が
「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。
 人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好良い」
などと、よく勘違いしがちだ。
こんな事を言う人が芸を身につけた例しは何一つとしてない。

まだ芸がヘッポコなうちからベテランに交ざって
バカにされたり笑い者になっても苦にすることなく
平常心で頑張っていれば才能や素質などいらない。
芸の道を踏み外すことも無く、
我流にもならず、
時を経て
「上手いのか知らないが要領だけよく、訓練をナメている者」を超えて達人になるだろう。
人間性も向上し、努力が報われ、無双のマイスターの称号が与えられるまでに至るわけだ。

人間国宝も、最初は下手クソだとなじられ
ボロクソなまでに屈辱を味わった。
しかし、その人が芸の教えを正しく学び、尊重し
自分勝手にならなかったからこそ
重要無形文化財として称えられ、万人の師匠となった。
どんな世界も同じである。

2010年ころ、イケイケだったころのChikirinさんがめちゃくちゃいいことを描いてくれてるので共有しておきたい

chikirin.hatenablog.com

・お金を稼ぐべき時にお金を払っていたら、いくら払ってもモノにならない。
・お金を払ってでもやるべきことでお金を稼いだら、つまらないことになる

こういう話は時々意識しておきたい。


私自身はこのあたりについていつも中途半端です。

「お金ももらいたいし、かといってお金をもらうことによって好きでやってることをつまらなくさせたくない」というわがままな気持ちを抑えられない。

読んでくれる人のために自分を抑えるようなことはできないしじゃあお金要らんって言いきれるかというと、収入が一切入ってこないならさすがにブログはやめてただろうなと思います。

私は以前に述べた通り2020年からはオープン就労でありフルタイム勤務ではないです。「よしきのやつブログ毎日のように書いてるけどなんでそんなに時間があるのか」って言われたことありますが単に働いてる時間が他の人の半分だからですね。もちろんその分給料少なめです。

私は株式投資をやっていて、投資している企業から得られる配当金が生活の要となっています。(キャピタルゲインは生活の前提に入れていません)ただ、これだけだと「生活が維持できるだけ」というレベルだし、不況が来て企業が配当を出さなくなったら死んでしまいます。

そのため、少ない給料は今でも証券口座にぶち込んでおり、自由に使えるお金は「アフィリエイトで得られたお金ー生活費」のみです。なので今は結構アフィリエイトの事を考えないといけないんですよね……。アフィのことを考えてると自分の時間を無駄に消費するのでできる限りアフィの事も考えないで済むようになりたいのが本音です。

現在YouTubeも収益化条件達成を目指してますがこちらはダメでしょう。最初はこれも生活の柱にならないかなと期待してるところがありましたが、やってみて痛感しました。まともな収益が期待できるほど自分の情報発信にニーズない。ということでこちらは純粋に趣味と割り切ることにしました。「メンバーシップ」が使えるようになったら、編集には手間をかけず、少人数でもっと趣味全開でやっていきたいと思ってます。

ちなみにこのはてなブログは最も純粋ですね。

昔からこのブログでは収益が全然ないです。一時期は月20万PVくらいあって、アドセンスだけでも月2万円くらい入ってくる時期がありましたがいつぞやのGoogle Updateの影響で月のPVは6万くらいになり、もはやアドセンスは月3000円あればいい方です。この程度の収益なら読者の邪魔になるから外したほうがいいような気がしますがどうやって設定したか忘れたので放置してます。はてなの人はリテラシーが高いというかPCで見る人が多く、当然アドブロック入れてるので広告は一切表示されてないんじゃないかな。アフィリエイトも全然だめで、今月も3000円くらいしかないですね。

なので、もう割り切ってこのブログでは好きなこと書いてます。はてなブログで読者の信頼を得て収益を上げてる人はほんとすごいなーって尊敬してる。


蛇足:このブログのウェイトを減らして「学ぶために何か稼ぐ」にチャレンジするべきだ、とはずっと思っているのだけれど(笑)

このブログは本当にずっとずっと長い間やってきて、3000記事くらい書いてきました。
自分なりには面白いこととか役に立ちそうなことを書いてきたつもりだったけど、所詮は自己満足。

読者の事を考えずにとにかく好きなことを書いてるだけだったから
とにかく私自身のファンみたいな人はほっとんど得られなかったな、と思う今日この頃。


なんだか、年取ってくると数字よりも
目に見える形の付き合いがすごくありがたく感じるようになってきてて
あまりに反応が少ないこのブログへの意欲が徐々に減退してきてる感じあります。


去年になってから何人から「ずっとブログ読んでたよ」とか「お前の記事嫌いじゃないよ」
みたいな声をいただけて、それだけで結構幸せな気持ちになってたんだけど
普段は批判の声や一見さんの声ばかりが可視化されやすく
ずっと見てくれてる人の声って全然届かなくて消耗しちゃうんですよね……

私のブログを読んでくれてる人が自分のブログの何を気に入ってくれてるのか今でも全然わかってないです。

それがいつかわかるのかなーって思いながら今日もダラダラと記事をかいてますね。