WORLD END ECONOMiCAアニメ化CFを応援したいブログ

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAクラファン期間中だけブログタイトルこれにします

「ガールズアンドパンツァーリボンの武者」 オールスターによるバトルロワイヤルの盛り上がりが半端ない!

劇場で最終章の第二話に登場した「BC自由学園」が登場しているというから軽い気持ちで読んだんですが、なにこれめっちゃくちゃ面白い。

努力根性みたいなもので連続的な成長を描くのではなく、「戦車道」に対するパラダイムそのものを転換させることで、非連続的な成長、つまり「変身」を描く作品になっている。読んでいてものすごく気持ちいい!

ガルパンファンだった人は、ただのスピンオフと思わずにぜひ読んでほしいです!

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

西住みほが「各学校の在り方」を揺さぶり、本作主人公の鶴姫しずかが「戦車道そのものの在り方」を揺さぶる

ガールズアンドパンツァーはそもそも「戦車道」という突っ込むのもヤボなくらい荒唐無稽な設定で少女たちの部活青春もののストーリーを描いた作品だった。普通に考えれば一発ネタで終わりそうなものだが、その荒唐無稽な設定を単なるネタで終わりにするのではなく作りこみまくった結果として、作中で「戦車道のいびつさを糾す」存在が登場し、自己破壊→自己再生のプロセスまでを描く展開が発生することになった。

ガルパンの世界の「戦車道」はもともとガチガチにルールで縛られており、そのルールにおいては最適な戦い方もおのずと決まっていて、黒森峰やプラウダのように、装備や物量に優れたチームが強い、という常識みたいなものが出来上がっていた。そこに「タンカスロン」という「なんでもあり」な試合形式を導入することで、「戦車道」のアップデートを迫るストーリー展開になっている。


西住みほが各チームにもたらした影響について

もともと、アニメ本編で「西住みほ」率いる大洗女子の優勝を受けて、他のチームは大いに刺激を受けていた。

f:id:tyoshiki:20190815221455p:plain

「このままでいいのか?」と凝り固まった考えから自由になり「チームの在り方」や「新しい戦い方」を模索するようになっていた。

例えば序盤では逸見エリカがリーダーとなった黒森峰や、カチューシャの専制でなくなったプラウダなどの姿を見ることができる。

新しい風としての「新主人公」鶴姫しずか

もちろんこれだけでもファンであれば面白いのだけれど、それだけでは単に「アニメ本編の残りかす」「後日譚」で終わってしまう。この作品はその程度では物足りないと、もっと大きなものを揺さぶることにした。そう「戦車道の在り方」そのものである。


そのために、武家趣味(実際は酒屋の娘だが)の「鶴姫しずか」という、今まで戦車道を全くやったことがないキャラクターを主役にする。

鶴姫しずかは、戦車道ではなく「西住みほ」の戦い方に刺激を受けて戦車に乗ることを志す。すなわち戦車道の常識を軽々と乗り越えて戦車に乗って戦うことを楽しむ姿にこそあこがれた。

f:id:tyoshiki:20190815221149p:plain

そんな彼女にとって「戦車道」では面白くない。だから1~5巻あたりまでは、ひたすら「邪道」な戦い方で「戦車道」を挑発・翻弄していく。アニメ本編に出てきたチームを追い詰めたり時には打倒したりして旋風を巻き起こす。

ガールズ&パンツァー リボンの武者 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

ガールズ&パンツァー リボンの武者 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

※余談だが、この作品は「大学選抜との試合の後の話」」となっており、戦車道連盟の人はあれこれあってこのタンカスロンをめぐる騒動には関与できないということになっている

聖グロリア―ナの「ダージリン」が旗を振る形でオールスターバトルが行われ、新しい「戦車道」の模索が始まる

ところで、この作品のもう一人の主人公は「ダージリン」である。アニメ本編では勝っても負けても優雅さを崩さなかったダージリンだが、実は一番西住みほから刺激を受けていた。

彼女は「私も西住さんのように自分の戦車道を見つけたい」という思いに取りつかれ、鶴姫しずかが戦車道の有名校を荒らしまわっている中、裏で動き回って様々な根回しをすることで「大鍋(カルドロン)」という大会開催にこぎつける。 

f:id:tyoshiki:20190815221831p:plain
何なのこの娘、めちゃくちゃ熱いじゃないですかー。一気に好きになりましたわ。

24時間バトルロワイヤル、特に「鬼チームとの戦い」のクライマックス感が素晴らしかった

特に面白くなるのが9巻以降。(継続高校を除き)アニメに登場したオールスターチームが5つの陣営に分かれて24時間のバトルロワイヤルを実施する。

f:id:tyoshiki:20190815223409p:plain
さらに途中で「鬼」チームが乱入しての大混戦となる。

このカオスぶりがめちゃくちゃ楽しい。

なんてーー楽しいのでしょう。
大洗女子が起こした風。
風に吹かれてやってきた新しい出会い。
全てがつながった時、見えたわ。私の戦車道。

このカルドロンは世界への狼煙。傲然とした挑戦状!
貴女がた、戦車で思い切り遊んでみない?
さあ、いい子ぶるのをやめて。

全ての戦車乙女に告げる。ここへいらっしゃい!

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1-11巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1-11巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

  • 作者: 野上武志,鈴木貴昭,ガールズ&パンツァー製作委員会
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • メディア: セット買い
  • この商品を含むブログを見る

もちろんこれにはオチがつくんだけれど、この展開の盛り上がりは本物だった。
是非皆さんも11巻までたどり着いてこの盛り上がりを体験してほしいです。



それにしても、「最終章」では普通に従来通りの戦車道大会として「無限軌道杯」が実施されているわけだけれど。この縛りがある中で、本作はどういうところに着地させるんだろう? 展開が読めなくてワクワクします。