頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

『バビロン』感想  コミック版・アニメ版・原作3巻までの違いについて

※この記事はアニメを最後まで見た人向けの記事になっています。そうでない人は回れ右してアニメ最後まで見てからどうぞ。


評判悪いみたいですが、私はこのアニメ版はかなり好きです。
ただ、もちろん消化不良感はあるためコミック版と原作も読んでみたのですが……
コミック版・アニメ版・原作3巻すべてにおいて、曲世愛の設定が違う……。


正崎についてはアニメ版の終わり方がとても好みですが曲世愛については原作が圧倒的です。


原作を読んでしまうと、アニメ版の曲世愛ですらこれになってしまいます。
f:id:tyoshiki:20200711172300p:plain


陽麻が生存してきちんと完結する展開が見たいならマンガ版

マンガ版はアニメにおける衝撃の7話までの展開の後、正崎が無事に曲世愛に追いつき、彼女を射殺して陽麻を助けることに成功して終わります。

ただし、この作品では「曲世愛」の底が知れてしまうため、がっかり感半端ないです。

マンガ版における曲世愛は「すごい能力を持った弱い人間」でしかない

この作品は18話で終わりますが、13話にて曲世愛の過去編が語られてしまいまいます。
これは2巻で完結させるための設定であり、アニメ版とも原作とも別設定でしょう。

f:id:tyoshiki:20200711173001p:plain

つまり、正崎とは別の意味で悪を憎み、
悪を殺すためにより強い悪になろうとしたただの哀れな人間です。

なので、アニメ7話と同じ惨劇を起こしておきながらも、
もう心が疲れきっていて自ら幕引きをしてしまう。

正崎さんのお仲間は誰も死なせたくなかった。
世界を変えるため、と自分を納得させてきたけれど、
私の力が効きにくい人たちはみんな生きていてほしかった。
だって、その人たちはきっと善い人だから。
中でも正崎さん。貴方にだけは絶対に死んでほしくなかった。

でも、貴方はどこまでも追ってくるって、私に抗うって、
笑っちゃうくらいにわかりました。
それでこれ以上私があなたたちを死なせなきゃならないなら、
「この世の最後の悪」になって
私みたいな人がもう生まれない未来を見てから死にたかったけれど。
もう諦めます。

アレックスが出てこないので、ラストシーンでは
正崎が唐突にアレックスと同じ結論に到達しますが、まぁあまり納得感はないですよね。


原作では「続くこと=善」と表現していましたがまぁ同じことですね。


アニメも原作も見ないでこの作品だけ見ればそれなりにすっきりする作品ではあると思いますがこれはもう「野崎まど」のバビロンではないと思います。
(普通の人の作品としてはこれでも十分面白いですが)

バビロン(上) (コミックDAYSコミックス)

バビロン(上) (コミックDAYSコミックス)

  • 作者:野崎まど
  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: Kindle版
バビロン(下) (コミックDAYSコミックス)

バビロン(下) (コミックDAYSコミックス)

  • 作者:野崎まど
  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: Kindle版



アニメ版は、アメリカ大統領アレックスの存在によって禅問答みたいなアニメになっていますが終わり方はすごく好き

終盤ではアメリカなど各国首脳が十分に警戒していたにもかかわらず、
まんまと曲世愛の手玉に取られ、アメリカ大統領アレックスも「死のトラップ」に引っ掛かってしまいます。

このままでは世界中すべてが曲世愛の掌の上で踊らされていたことになり、今までせっかくアレックスが積み重ねてきた「良いもの」を目指す議論がすべて失われ、世界そのものが崩壊してしまう……という瀬戸際に追い込まれたときに正崎がとった行動は「自分が悪としてアレックスを自ら殺すことで、社会に善の種を残す」というものでした。

見事なまでのトロッコ問題であり、完全に「ダークナイト」と同じ選択です。この終わり方を見てからそれまでの展開を見返すと、きちんといろんな形で伏線が貼られており、それがきちんと収束する様子はかなり気持ちよかったです。

龍が如く0 誓いの場所 新価格版 - PS4

龍が如く0 誓いの場所 新価格版 - PS4

  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: Video Game

ダークナイト (字幕版)

ダークナイト (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

この選択をした作品としては「ヴァンパイア十字界」が超傑作です。
このネタバレをしても実際に読むまで真相がわからないようになってるのですごいですよ。
ストーリーにおいてはダークナイトを圧倒的に超える名作なので未読の人は読もうね!


ただ、正崎のストーリーはこれでよくても、我々が知りたかったのはむしろ「曲世愛」であり、彼女が描き切られなかったというか、なんか最後は有耶無耶におわってしまた感じありますよね。

本当の主人公は、登場シーンは少ないながらタイトルにその名を冠している曲世愛であり、『バビロン』の二面性は曲世愛の有す二面性なのだ。人智を超えた悪魔的な能力を有していながら、善って名前で悪人だったら面白いみたいな興味本位で行動している。哲学的問いを吹っ掛けてきたかと思えば、その是非には大して関心がない。そんな女性が、ちょっとした退屈しのぎに堅物の男性をからかった時間。『バビロン』は、彼女の人生の一夕の出来事を描いた物語だったのだろう。

https://boss01074.hatenablog.com/entry/2020/02/04/224925

アニメで消化不良起こして「バビロン」の原作読んでみたら曲世愛が完全にfateの黒聖杯みたいなことになっててワロタ

ちなみに原作は2巻までがアニメ7話で、3巻がアニメ8話~12話である。
しかし、「アレックスと日本人との問答」後に曲世愛が登場してきてからは完全に別ストーリーになっている。


それもそのはずで、アニメ版の正崎は、出番をアレックスに食われすぎてあまり活躍していないが、
原作の正崎は前回での失敗をかみしめて「曲世愛を殺す」という一点に集中して執念深く対策を立てていた。

あんなに雑にアレックスを奪われたりもしないし、彼女の音声を聞かないための対策をSSたちにも徹底させていた。

すると、曲世愛はさらなる能力を発動させてくる。

f:id:tyoshiki:20200711175732p:plain

7話から積み上げてきた正崎のすべてをあざ笑い、アニメ版のような見せ場も与えず蹂躙した上で正崎を踏みつけながら「NDK?NDK?」と子供のように笑いかけてくる。 

fateで奈須きのこが避けた「根源」的な問いを、曲世愛が容赦なくぶつけてくる展開になっている

ここまでくると「fate/heaven's feel」のアンリ・マユや「fate EXTRA CCC」の殺生院キアラレベルである。


実際に原作3巻で行われる会話はほぼ衛宮士郎と言峰の会話に重なる。

w.atwiki.jp

衛宮士郎「そこをどけ、言峰綺礼。この大聖杯は破壊する。そうしないと桜が救われない」

言峰綺礼「それはできない相談だ。私の目的はただ一つ、この呪いを誕生させる事のみなのだからな」

衛「ふざけるな!そいつの中にいるアヴェンジャーは、この世すべての悪とされるシロモノだぞ!」

言「生まれ出でぬモノに罪科は問えぬ。何者にも望まれぬモノ、生まれながらに悪であるモノなどないアレは誕生するその瞬間まで罰を受ける謂れはない」

衛「―――だからって許すのか。コイツは始めから殺す為だけのモノだ。外に出る事で多くの人間が死ぬと判っているのなら、それは、俺たちにとって紛れもない悪だろう……!」

言「その行為が悪だとしても、アレ本人がそれをどう思うかはまだ判るまい」

衛「え……?」

言「“この世全ての悪”本人が自らの行動を“悪し”と嘆くか、“善し”と笑うか。何もかも無くし何もかも壊したあと、ただ一人残ったモノが、果たして自身を許せるのか私はそれが知りたい。生まれながらにして持ち得ぬもの。初めからこの世に望まれなかったもの。それが誕生する意味、価値のないモノが存在する価値を、アレは見せてくれるだろう

衛「……桜を。そんな事のために、桜を利用したのか」

言「そうだな。そんな事の為に、私は多くのモノを殺してきた。故に今更降りる事などできん。さあ、始めよう。」

いうなれば、曲世愛とは「この世すべての悪」が実際に生まれたようなものだ。

しかも、彼女は人を次々と殺しながら、それを楽しいと感じている状態である。つまりこのアンリ・マユ(バビロン)は、人を殺して“善し”と笑う方だったのだ。それどころか「楽しいのにどうしてダメなの?」と正崎に突き付けてくる。しかも、力づくで殺すことができない。

fateの場合は、言峰を無理やり力づくで黙らせて聖杯はイリヤスフィールが閉じてしまったのでこの問い自体を試すことが回避された。あくまでも衛宮士郎は間桐桜に対してだけゆるぎないこたえを返しただけであって、言峰の問いには答えが得られなかった。本作の正崎は、力づくで曲世愛を排除することができないため、きちんと考えて答えを出すことを強いられているわけだ。正直一人の人間に耐えられるものではないと思う。

しかも、原作の曲世愛はアニメ7話、アニメ12話の惨劇でもまだ飽き足らず正崎に対して「もっとすごいものを見せる」という

これ以上何を見せつけようというのだろうか……すごく気になる……という状態なんですが「おそらく完結編であろう4巻がいつまでたっても出ません」!!! 何やってんだよ野崎まど! 生殺しはやめて!!!


今はこういう状態です。


アニメに不満だった人こそ原作読んでほしい。そして原作の続き早く出せとプレッシャーをかけてほしい!

バビロン 1 ―女― (講談社タイガ)

バビロン 1 ―女― (講談社タイガ)

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)

バビロン 3 ―終― (講談社タイガ)

バビロン 3 ―終― (講談社タイガ)

や、ほんとにこれ「終」じゃないよね? 

3巻で終わりだったら超駄作ってずっと言い続けるからね。
お願いですから続きだして……ちゃんとすっきりする終わり方見せて……



blog.goo.ne.jp

副題が「終」となるとはね。それもまたとんでもないミスリーディング。
だって『バビロン』は終わらずに続くから。だまされた。
というよりは、やっぱりコケにされた、というのが実感かな。

もっとも、いっそのこと、これで終わりにしても実はそれほど問題もないような気がする。

だって、曲世は「大淫婦バビロン」なんだよ。とても勝ち目があるとは思えないから。

ヤダヤダ。小生やだ! ここで終わったらマジで胸糞悪すぎるのでちゃんと責任もって続き書いてほしい。
あーーーでも正解するカドの前例があるから信用できない。



バビロンの続き出してくれるまで絶対に野崎まどの作品もう読まないからねヽ(`Д´)ノプンプン