頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です。WORLD END ECONOMiCAアニメ化のCFを応援しています。

今すぐジャスダックと東証二部銘柄から逃げたほうがいい

安倍首相が辞任することになりました。

 

 

後任がだれになるかはわかりませんが、アベノミクスはある程度引き継がれると思います。ですが、それでも海外投資家はこのニュースを嫌うでしょう。よほどのことがない限りここから先、コロナ後の過剰流動性相場流動性に水が差されるこたになります。

 

 

さてこうなったときに一番やばいのは日経平均だと思うかもしれません。

 

でも違います。

 

日銀政策はすぐに打ち切られるわけではありません。アメリカさえ死なない限りはまだしばらくは延命可能です。

 

一番やばいのは「もともと流動性が乏しいJASDAQと東証二部」です。

 

 

ここだけはホンマにやばい。

 

 

外国人投資家が日本市場から手を引く際、真っ先にここからお金が抜けます。そして買い支える存在はいません。

 

もともとすでにバリュー的には割高な銘柄が多いので、流動性が枯渇して買い手がいなくなると、銘柄を自力で選択できない限り絶対に助かりません。

 

 

 

次にやばいのはマザーズですが、ここが死ぬまではまだ少し余裕があります。

 

とはいえ、いずれにせよすでに狂ったバブル相場でバリエーションに全く意味がない、需給だけで買い続けられている相場です。

 

昨日のパウエル発言により追加金融緩和の目がなくなったことで超低金利の恩恵もなくなりました。ふたたび緩和拡大のニュースが出るまではマザーズが新高値を取る目はかなり厳しいです。

 

そして、需給だけで上げ続けている以上、新高値が取れなくなり追加資金の流入がなくなれば一部のエース銘柄を除きマザーズも死にます。

 

むしろメルカリと一部のサブスクリプション関連銘柄が一番安全という歪み状態になっています。ここから先のマザーズは超危険状態になったと認識してください。

 

 

それでもなお、日経平均はアメリカ選挙前に一度調整したあとに新高値を取る可能性があります。しかし、新興や小型株はこれについていくことはないと思ったほうがいいです。

 

 

ここから先にゼッピーちゃんねるなどを見て小型株を高値掴みした人はもれなく退場のチケットをゲットすることになると思います。

 

 

このブログでは述べませんが、今日の海外投資家売買動向がエグいことになっています。

私ならここからJASDAQと東証二部銘柄を買うことはしませんし、マザーズ銘柄も一部除いては無条件で売りだと思っています。