頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

せこっ!!!

以前とある人からこういうことを書かれたりしたんですが。

"自分の発言に責任が持てない" から発言に責任を負うことになる名前を定期的に変えリセットしようとするし、日常的にツイ消しするのが当たり前になる。 一貫性が保つのが重すぎて耐えきれないから本来ネット上の人格を定義づけるHNもあっさり変えられる。そして自身には一貫性なんてものがまるで無いにも関わらず、それを他者に迫るブーメラン行為の数々もこれで説明がつく。そのうち↑のブログもろとも全て削除するのではないか。
(引用元 ttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2016/09/12/210000の魚拓)

自分に都合が悪くなったら「全てを無かったことにしようとする」気質の持ち主なのは状況的に明らかでしょう。だからこそ"あの"増田に入り浸っているのでしょうし、日常的なツイ消し、記事消し、ハンドルネームの頻繁な変更、そして手に負えなくなったらトンズラしてしまう。消せばどうとでもなる、消せば書いた責任が消える、消せば過去が消えるとでも思っているのかもしれませんが、もちろんそんなことはありえません。この人の無根拠なヤジ、立証責任を追わず逃げ出した事実、読解力は皆無でまともに文章を読み込めないこと、ひいてはこちらを馬鹿にしていたにも関わらずそれら主張の全てを削除するみっともなさは依然として残ります。あんなにも自信満々だった反論(?)の数々は何処に行ってしまったのでしょうか? あれは噓だったのでしょうか? 私にあれ程の啖呵を切ってオチがこれとか恥ずかしくないのかな。あるいはようやく自身が行ってきたことに目を向けられるようになり、羞恥のあまり証拠隠滅を図ったのかもしれませんが、それならいっそのこと全てのIDもろとも消せば多くの人が喜びますよ。
(引用元 ttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2017/01/18/070000の魚拓)

*1

べるんさん(「猫箱ただひとつ」ブログ)自分で他人をけなす時に使ってた行動を全部自分で実行してしまう

加えて言うと、こういうことを書いていたこの人、
・私以外に対しても裏ブログで他人への悪口を書きまくり、
・レビューと称して人の記事にマウントしまくっていたり
・さらに私が発達障害であることをバカにしてきたりしてきたわけですが。

ttp://sessions.hatenablog.com/  
ttp://bern-kastel.hatenablog.com/

ttp://bern-kastel.hatenablog.com/entry/2015/06/03/053000
ttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2015/08/21/070000
ttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2016/09/12/210000
ttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2017/01/18/070000

全部消えてますねー



えええええええ。ここまで人のことを悪しざまに言っておいて、記事やブログを消すことをバカにしまくっておいて。自分が記事どころかブログまで消すんですかー!!!!???


4万文字くらい使って私への人格攻撃を延々と書いてたのに。

私が運営経由で「この記事は事実誤認がひどいし暴言があまりにひどいから消してください」ってお願いした時には運営から指摘された罵倒表現をわざわざ15か所くらい全部修正してまで消さなかったのに。

それどころかその通報を根に持ったのか、嫌がらせのように追記を繰り返して一時期tyoshikiって検索したら検索結果2位に来るまで頑張ってたのに。



それなのに!



忘れ去られたころにひっそり消すんですね!?


f:id:tyoshiki:20190315142833j:plain
©かぐや様は告らせたい 赤坂アカ

当時からわかってたけど、彼が私を批判して言う言葉って全部ただの自己紹介だったんですよね。


直近でも、なんか私宛じゃないけどすごく人を馬鹿にするような記事(パーソナリティ分析関連)書いてましたけどそれも消してますね。見えない敵=自分と戦い続けて疲れたんでしょうか。それとも別アカウントでブログ作ってそちらに移転したんですかね。だったら完全に上で言ってたセリフが当てはまりますね。


彼の言葉を借りるなら「あるいはようやく自身が行ってきたことに目を向けられるようになり、羞恥のあまり証拠隠滅を図ったのかもしれません」ね。

もしそうなら、自分の言葉に従って「それならいっそのこと全てのIDもろとも消せば多くの人が喜びますよ」という部分も実行してほしかったです。中途半端にきれいな記事だけ残そうとするのが浅ましいなと感じます。



この人「自分が裁判官」「自分が合理」って感じで全く話通じない人であり、彼の中では自分がすべて正しくて自分を批判する奴はすべて間違いってことになってるような感じだったので、もう会話したくないので今更どうでもいいんですが。


っていうか、私当時べるんさんが私に絡んできてる時から「あなたが言ってること全部、私じゃなくてあなた自身に当てはまることばっかりだからいずれ自分に跳ね返ってくるよ」って言いましたよね。

わざわざ「トンデモさんは自分に当てはまる言葉で他者を批判する」の記事も返答記事で見せましたよね。

結局全部言ったとおりになってるわけですが。


この人どう考えても先のことを考えられない、その場の感情で自分が正義となるならどんな屁理屈も述べる。自分の意見にちょっとでもケチがつけられたら全力で相手を悪者にして自分を守るみたいな感じだったもんね。

彼からの批判、何一つ理屈が通ってないのに、自分だけは理路整然としゃべってるつもりになってて見てて哀れみしか感じませんでした。



だから、書いたときは自分が書いた記事消すかもしれないことを想像すらできずに「消すなんて最低の行為だ」みたいなことを平気で書けてしまったわけですね。

いい加減私じゃなくて自分の側がおかしかった、くらいの認識を持っていただいているのであれば良いんですけどまぁ無理でしょうね。

その時の感情でわめいてるだけだから、理屈のチェックなんかまったくしてなくて今でも「あの時は自分が正しかった」って思ってるんでしょうね。



でもなんか彼の中ではいろいろな理屈をつけて記事を消すのは正しいことなんでしょう。絶対に自分が正しいもんね。

ぶっちゃけフリーゲームの解釈とかは頑張ってて良い記事書いてたと思うので、

その感情の制御ができなくてちょっとの批判も耐えられない自分のメンタルの弱さと向き合いさえすれば私なんかよりいいブロガーになれたと思うんですけど残念です。



そういえばこの人は極端なレベルのテキスト論至上主義者だったんですが、
《物語そのもの》とは? - 猫箱ただひとつ
※この記事の中で消えてる記事は私への批判記事です。


本人は自分の理論をかなり完璧なものだと思っていたそうですが、実態としてはこの記事で言われてるようなのと同じで、極端すぎたがゆえに「私の感想がすべて」という落とし穴にまんまとはまっちゃって、自分の受け取り方が唯一絶対である、という謎の優越思想にはまってたように私には見えました。
m-dojo.hatenadiary.com

スーザン・ソンダクを引用して意味不明なことを書いてた記事もあるんですが、この記事も消してますね。
『反解釈』を読んで、作品を思想・文化に吸収せしめる批評がまったくもって要らない事がわかる - 猫箱ただひとつ
あれほど自信満々だったのに、彼にいったい何が有ったんでしょう。



こういうことにならないように、みなさんはこの人を見て我がふり直しましょう。私も気を付けます。





追記。「ケーキの切れない非行少年たち」の感想を書いてたらこの記事についての言及があったのでAmazonアフィ貼っておきます。

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

彼も認知機能にちょっと問題があったのかもしれませんね。私も発達障害だし、お互い大変だな……というのでちょっとだけ同情的な気持ちになりました。

*1:※ちなみに、私は記事消したわけではないのでこの人の事実誤認なのですが、それを指摘しても彼が記事を訂正することはありませんでした。基本的に運営から怒られない限り一切誤りを認めず、逆にこちらへの攻撃に転嫁するような感じでした。