頭の上にミカンをのせる

マンガとアリスソフトのゲームが好きな兼業投資家の日記です

当ブログのおすすめ記事(アイキャッチ画像は気が向いたら作ります)
nosh3000円オフセールの紹介
kindleセールの紹介
おすすめマンガセール
ウマ娘

「たいようのマキバオー」(4/4)|1年前はまるで勝負にならなかった黒船賞で快勝~帝王賞で初のダートG1勝利

14巻から。黒船賞では高知以外で久々の勝利をつかんだマキバオー。

ここから仕切り直して外に打って出ていけるのか…?


黒船賞での戦いで、ハヤトは初代マキバオー以来の「キツツキ」戦法を手に入れる。次の目標は帝王賞。

f:id:tyoshiki:20210323203058p:plain

①フィールオーライはケガが治り、中央に復帰することに


②アマゾンスピリットはドバイ遠征。
・ドバイWCの前哨戦でも4着。
・ドバイWCには参加せずそのまま帰国。


③帝王賞のステップレースであるかしわ記念は回避してかきつばた記念(名古屋・1400m)に参戦。
・直線がほとんどないほぼコーナーを回るという、高知競馬場に近いコース
f:id:tyoshiki:20210323210416p:plain

・キングアナコンダの戦略で前を完全にふさがれてしまい大外周りになってしまったため2位
・絶対に勝たなくてはいけないレースを落としてしまったマキバオー陣営は計画見直し


④栗東トレーニングセンターで帝王賞に向けて特訓
・初めて坂路トレーニングやプール訓練などを経験する。
・ずっと走りっぱなしだったマキバオーははじめて鍛えるだけでなく「休む」という感覚を身に着ける
f:id:tyoshiki:20210323211535p:plain


ダート最高峰のレースの1つ、帝王賞(JpnⅠ)にチャレンジ

①帝王賞(大井・2000m)
・ジオーハチマンがまさかの出遅れでキングアナコンダが単独で先頭
・マキバオー、マウンテンロック、トータルケイオスが追走
・キングアナコンダの幻惑は通じず終盤は混戦に。
・マキバオーは栗東トレセンでの成果によりスタミナが強化されており最後までトップ争いに。


果たして結果は…?

……なんか中途半端なところで終わったなと思ったら、ここで掲載誌が変わってタイトル変更になったようです。



続きが気になる!



f:id:tyoshiki:20210323212758p:plain
最後に、マキバオーの走りに刺激を受けたフィールオーライが気合いを入れるシーンでいったん終了!




なお、ウマ娘にでている中ではダートで最も活躍したのはスマートファルコンだと思います。

特にスマートファルコンは地方戦を主戦場としていたため、走ったレースを見るとそれぞれのレースがどんな感じだったかとても想像しやすいです。
www.youtube.com

たいようのマキバオーを見るにあたってこの動画はとても参考になりました。皆さんにもおすすめ



馬データ<ダート>

①ペイルライダーはサンデーサイデンスの孫、ドラゴ産駒。