頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」5話  アニメオリジナル展開がひどすぎてギャグアニメになってしまったので原作について補足するよ

www.tyoshiki.com
において、補足は必要ないかなーって書いてたけどすまんありゃ嘘だった。

www.nicovideo.jp

アニメオリジナル展開でしたが……

これはひどすぎ(笑)

f:id:tyoshiki:20190506215319j:plainf:id:tyoshiki:20190506215329j:plainf:id:tyoshiki:20190506215347j:plainf:id:tyoshiki:20190506215353j:plainf:id:tyoshiki:20190506215401j:plainf:id:tyoshiki:20190506215411j:plainf:id:tyoshiki:20190506215418j:plainf:id:tyoshiki:20190506215429j:plainf:id:tyoshiki:20190506215434j:plainf:id:tyoshiki:20190506215441j:plain
ディアボロ「俺よりひでえ」

亜由美さんの死亡シーン集というか、バイオハザードのDIEジェストみたいになってる。なぜここにベストを尽くしたのか……。

(最後のシーンはわざと一周させたんだろうと思います)


これ途中からみんなギャグシーンとして楽しんでますやん……。オカリンの時はいろいろ行動を変えてあがいてるのに対して、尺的に仕方なかったのかもしれないけどたくやくんほとんど学習せず行動が変わらないからほんとギャグにしか見えないですよ。「主人公の行動に共感できず間抜けに見える」ってのはあかんって……。

シュタゲみたいに世界戦が収束してて変えられないことをこの作品中では「小シュバルツシルト半径」というわけですが、それを理解させるために何度ループしても同じ結末を……っていうのはわかるんだけど、見せ方がひどすぎでしょ。というかそれアニメ3話の時点ですでにやったんだから改めてもう一回やる必要ある?ってすげーツッコミたい。


原作ではこんな感じです。何回もやり直しとかしないからね……。しかもいろんな説明が足りてないのだけれど、「龍蔵寺」についての描写は美月と神奈に全部譲っちゃう感じななのかな……。

アニメ5話だけ見たら亜由美さんはあまりに豆腐メンタルすぎにしか見えなくて超イライラするけど、本当はすがるべきたくや君がほかの女と関係持ってて不信を募らせるとか、ジオ社にギリギリまで自己犠牲で尽くしたのに切られるとか、最後に信じた豊臣から罪をなすりつけられるとか、もうちょっと積み重ねはあるんですよ……。 たくやくんをきれいなキャラにするとこのあたりがちょっと違和感生じるところですね。


とはいいつつ、緑の人こと香織さんがやたらと魅力的に描かれてたりしてよいところもありました。
文句は言ってるけど原作通りである必要はなくて、最終的に描くべきものがきちんと描かれてくれさえすればいいのですが。



朝倉香織について

ところで、見ていても分かると思うので補足は必要ないかと思いますが、亜由美ルートだと驚きの白さに見える香織さんですが、実際はかなり黒い人物です。

表向きはTVキャスターですが、実際は産業スパイなんですよね。

彼女の正体はジオ社のライバル社から機密書類を入手するように依頼された産業スパイで、その為に亜由美を利用しようとする豊富とは違った方法、つまり息子のたくやを通じて書類を入手しようとしていた

というわけで、亜由美が自殺に追いやられる羽目になったのも元々は香織さんも絡んでいるわけです。つまり「香織と豊臣は仲間」なんですね。その上で、豊臣が欲張りすぎたというか、香織の目的と反する行動をとったから排除したという流れです。

〇〇ルートでは普通に豊臣と結託してます。 アニメの展開を考えるとこのシーンなくなると思うので書いておくと、〇〇ルートにおいて「たくやと協力してジオ社に潜入する」シーンは現代編におけるかなりの面白いポイントであり、ぜひゲームで体験してほしいと思います。


亜由美さんについて

一連の事件の中、結局自分が豊富に利用されていた事、そしてそれを再三に渡り注意していたたくやを信じる事が出来ずに居た自分、そして最愛の人を亡くし心の支えを失った寂しさに気付いた彼女は傷心の中、手首を切っての自殺を図ろうとするが寸出の所をたくやに止められ、そこで初めて自分の胸の内の想いをたくやに告げた。

実際のところ、亜由美さんはおひとよしすぎたりガードが甘すぎるいわゆる「チョロイン」という側面があり、豊臣なんかにホイホイひっかかる割には主人公であるたくやにだけガードが堅いという設定なので、ちょっとイラっとさせられるところが多いです。たぶん女性の人がこのアニメを見たら亜由美だけめちゃくちゃ嫌いな人が多いと思います。

ですが、基本的にはめちゃくちゃめちゃくちゃ有能だし心が強い人です。だって「〇〇(自粛)」だし。

今心が弱ってるのは本当にたくやの父親である広大が死んだ(と思っている)からです。なので、神奈ルートでは亜由美さんルートよりはるかにひどい目に合うのに、広大が生きているということさえ知っていれば気丈にふるまうシーンを見ることができます。広大のためなら〇〇〇〇〇(自粛)することさえできる。

この作品で、誰よりも、それこそユーノよりも恋に生きている少女であるといえるかもしれません。



詳細は、下記リンク先にまとまっています。

アニメ6話観終わった後に確認してください。
wwwa.pikara.ne.jp







どうでもいいのですが……

ああああああああああ!!!!「YU-NOアカデミ」ーがあああああああ! 
アカデミーが消えているうううううう! 
あああああああ! ゆるさん! 許さんぞおおおおおおお! 
鱗滝め!鱗滝め!鱗滝めええええええ!(CV子安)

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/9480/academy/phosawa.htm

f:id:tyoshiki:20190506213129j:plain
©鬼滅の刃4話