頭の上にミカンをのせる

マンガアニメ大好き兼業投資家の日記です

マンガ

「ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 」 未来を前向きに描いていて楽しく学べる上でガチの技術監修付きなので学習マンガの理想形としてオススメ

<お勧め度★★★★★ これはぜひみなさんに一度本屋で手に取ってみてほしい!>「うちの部長は未来に生きている」というマンガをご存知でしょうか。新しいもの好きの部長と、後輩君が、いろんな最先端技術にトライして、その体験を語ってくれる漫画です。似たよ…

「金のひつじ」~2日前に死のうとしたのに、今日はなぜかとなりにいる不思議な女の子のおかげで 知らない街でコロッケを食べてます~

評価★★★(お勧め度★★★★) 「学校なんて行かなくても生きるほうが大事」「ちょっとくらい学校休んで街を飛び出してもええんやで」って話がしたいなら、この作品を読んでみてほしいです。この作品はほんとに素敵なのでお勧めです。結構えぐい展開もあるんだけ…

ぼっち地獄からの再生「さびしすぎてレズ風○に行きましたレポ」感想

初稿。2016年7月9日 追記。2019年5月7日 【追記】 本日、こちらの記事に対して感想を書いてくださった方がいたようなのですが、私がお返事する前にブログごと消されてしまったようです……なぜだ……。 なぜかわからないのですが「私に言及した人が直後にブログ…

ジョジョの奇妙な冒険第七部 スティール・ボール・ラン ストーリー&スタンド名まとめ(2/4)

第四ステージからスタートしますまずは3つの名言から。 人の心のありようの限界点に踏み込むな。そのうえで奇跡を信じる ジャイロ。この社会と人の心の中のありようには限界点がある。死刑制度と医療による延命。それは矛盾した特異点なのだ。ネットにはじ…

ジョジョの奇妙な冒険第七部 スティール・ボール・ラン ストーリー&スタンド名まとめ(1/4)

第六部 ストーンオーシャンと違ってそんなにわからないところはなかったので純粋にメモとして。 SBRの登場人物は全員「帰る場所と帰る意味を探している」 (18巻) 男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の地図がな。 納得は必要だッ!納得は誇りなんだ…

ジョジョの奇妙な冒険第六部「ストーンオーシャン」 ストーリー&スタンド名まとめ(5/5)

ようやくこれで終わりです。新月まであと32時間。もはやウェザー・レポートは亡く、残ったメンバーでエンリコ・プッチを止めるしかない。……ところで、「その4」の部分って、とにかく「プッチ神父を信奉するものも、プッチ神父を止めようとする行為も、どち…

ジョジョの奇妙な冒険第六部「ストーンオーシャン」 ストーリー&スタンド名まとめ(4/5)

前回の続きから。空条承太郎のスタンドのDISCに続いて記憶のDISCも取り戻すことに成功するが、FFは死亡する。 さらにプッチ神父は刑務所内での目的を達成して、最後の仕上げを行うために刑務所外に出てしまう。 まず記憶のDISCを持ち出し、かつプッチ神父を…

ジョジョの奇妙な冒険第六部「ストーンオーシャン」 ストーリー&スタンド名まとめ(3/5)

その2では、スポーツマックスを倒し、奴の記憶からDIOの骨が復活したことを知りった徐倫はDIOの骨を追いかけて懲罰房に行くことになります。もちろん、直接的な狙いは、まだ徐倫からは正体がわかっていない「空条承太郎の心のDISC」を奪ったプッ…

ジョジョの奇妙な冒険第六部「ストーンオーシャン」 ストーリー&スタンド名まとめ(2/5)

その1からの続き。4巻の途中から。 敵6 ミラション(元ネタはミラ・ショーン。スタンド名は「取り立て人マリリン・マンソン」) ・窃盗癖のある娘。プッチ神父にDISCを入れられ、承太郎のDISC奪還を狙う。 ・ミラション自身は何もしない。賭けを仕掛けてく…

ジョジョの奇妙な冒険第六部「ストーンオーシャン」 ストーリー&スタンド名まとめ(1/5)

ジョジョについて、細部はともかく第一部~第五部および、第七部については、何も持たなくともストーリーの概要を他人に説明できる程度には記憶に残っています。しかし第六部ストーンオーシャンと第八部ジョジョリオンは、自分の理解が足りないせいか部分的…

<疑わしきは被告人の利益に>の原則(刑事訴訟法336条&白鳥決定)がなぜあるのかわからない人は「もしも世界に法律がなかったら」を読もう

www.tyoshiki.comの続き。うーーん。裁判所はなぜ、娘に性的虐待を続けていた父親を無罪としたのか(江川紹子) - 個人 - Yahoo!ニュースすごい良い記事と思う。けどそれとは別に、抗拒不能ではなかったと判断した裁判官に、司法に絶対納得がいかない。強く言…

「恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に」 恋愛ゲームで男主人公に都合がいいヒロインはみんな悪魔に脅迫されているだけだって知ってた?(笑)

<評価★3.5> タイトルはあれですが、男が主人公の「ハーレムもの」がメインの作品ではないです。女性が主人公の「デスゲーム」ものです。悪魔の力により、強制的にとある男性のハーレムの一員に指定され、この男性から一番愛される立場を得るために競い合う…

「五等分の花嫁」と「五倍濃縮の婿(「魔法使いの嫁」)」はセットで読むと対になってて面白いかも?

「五等分の花嫁」アニメ見終わりました。 この漫画のとある一コマがtwitterで回ってきて「これええやん」と思い(あとで紹介します)。 原作買ってアニメも途中から追いかけて視聴しました。 ……うーん、なんだこれ。 面白かったしヒロインもかわいかったし嫌…

「魔法使いの嫁」 ことわざの意味まとめ(1巻~3巻まで)

2015年3月 初投稿 2019年4月 更新 明日久々に続きを読もうと思うので、ついでに16話以降のタイトルも更新していきます。 魔法そのものよりも、周りにあふれる様々なモノとの関わり方を 妖精を通して生命のありようや死生観を語られる話が多い作品。「蟲師」…

「まんがで読む古典 更級日記」「平成時代の元祖文系オタク女子の日記」を合わせて読んでみた

tyoshiki.hatenadiary.com が面白かったので、同じ羽崎さんがコミカライズを担当されている「まんがで読む古典 更級日記」も読んでみました。 そして、合わせて「平成時代の元祖文系オタク女子の日記」もセットで読みました。「更級日記」は受験でも頻出のた…

「マンガで読む古典 蜻蛉日記」  天才たちの恋愛頭脳戦@平安時代

ものすごく悲しいお話なんだけれど、マンガとしてとても面白く描かれていた。羽崎やすみさんという漫画家さんすごく好きかも。 作者は藤原道綱母。中古三十六歌仙の一人に数えられ、本町三美人の一人と称されるなど、当時の女性の頂点的な存在。しかし、そん…

「あーとかうーしか言えない」1巻感想 この作者さん、絶対けものフレンズのこと好きだよ、間違いない

urasunday.com https://urasunday.com/ienai/index.html つまり私は、成人漫画のことを好きになりたいんだよね 主人公は成人誌(エロ漫画雑誌)編集者の「女性」。意図せずこの職業に就いたこともあり、他の編集者と違って「エロ」への理解はそれほど深くな…

「ジョジョリオン」は三幕構成がしっかりしていて13巻から加速度的に面白くなってきているっッ!

お久しぶりにマンガの感想を。個人的事情で3月末まではほとんどマンガを読まないことにしているのですが、4月に入ったらまたマンガ感想を再開します。最近紹介していただいた「ホーキーベカコン」とか「銀色のジェンダーズ」って作品がすごく面白かったので…

カタブツ部長が腐女子の部下にオタクの世界へ堕とされる 『部長が堕ちるマンガ』

headlines.yahoo.co.jp個人的には、被害の訴えにとどまらず誰かを法に基づかずにリンチにあわせるリスクがあるのに、それを当事者があまり理解していない「metoo」にはかなり強い警戒を持っています。はあちゅうはんやbuzzfeedへの不信もあって、今のままだ…

「まんがでわかる 絶対成功!ホリエモン式飲食店経営」

とある魔理沙アイコンの人からお薦めされたので読んでみました。先に言っておくと、私はこの手の話はかなり好きなのでちょっと評価甘めかもしれないことはご了承ください。読んでみた感想ですが、「マンガでわかる系」の作品の中では確かにしっかりした内容…

「生きづらいと思ったら親子で発達障害でした」 専門家に相談しながら一つ一つ子育てにおける課題を丁寧に解決していく様子を描写しているので実用度が高い作品だと思う

1話~8話までが、親子そろって「発達障害」という診断を受けるまでの話。ここまでは発達障害者の子育てを描いたマンガによくあるお話です。 個人的には9話以降がすごいと思っていて、9話以降はお子さんが発達障害ではない、幼児教育にかかわってる人にぜひ…

「トクサツガガガ」 毒親との対決エピソードがいよいよ本気出してきたので目が離せない

本作品は、基本路線としては「特撮」という題材を通して、他者理解を志す物語です。 主人公が社会人であり、かつ原則隠れオタであるため、必ずしも距離を縮めたり心を打ち明けることを絶対の善としないのが特徴です。「理解はするが立ち入らない」「割り切る…

papa told meが「私にとっての」フェミニズムの原点なのだと思う

私はこの作品で描かれているフェミニズムは現在においては十分ではないということは理解しています。 この作品世界はジェンダーについては今読んでも十分通用する要素が描かれている一方で、セックスの領域はほとんど扱っていません。 それでも、この作品は…

「君の膵臓を食べたい」 私も普段から遺書を書いておこうかな

tyoshiki.hatenadiary.com All communication is either a loving response or a cry for help. 「人間は、色々なことをしゃべりますけれど、本当は、二つのことしか言ってないんです。 一つは、 私は、ここにいます。 そして、もう一つは。あなたが、そこに…

「トモダチゲーム」12巻・13巻 信者化の際に必ず行われる2つのステップと脱洗脳のプロセス

tyoshiki.hatenadiary.com に関して、理論的に説明しているマンガがあったので紹介しておきます。 必ずしも一致してませんが、うなづける部分はありますね。 人を支配するには二つのポイントがある。一つは、自分で決断することを恐れさせること。(そうして…

「暁のヨナ」「少女革命ウテナ」みたいに女性主人公が戦って運命を切り開く作品のおすすめ7つ

togetter.com https://togetter.com/li/1311690話の発端のツイートは微妙な感じだったけれど、「こういう作品が見たいのになかなかない」という問題提起自体はすごく面白いと思う。いちオタクとしては、こういうときこそ彼女を批判するのではなく自分が好き…

「12人の死にたい子供たち」3巻(完) レイプされた側が自殺しなければならないと思い込むまで追い詰められる病理 

イケハヤさん見てて思い出したので「12人の死にたい子どもたち」のアンリさんを紹介しておきます。なお、深刻なネタバレになるため、もうすぐ公開される映画を見に行く予定の人は絶対に読まないでください。

「これだからアニメってやつは!」  SHIROBAKOの数年後・・・かな?

29歳アニメ制作進行をしている女性が主人公のお話。 制作進行が主人公の物語といえばSHIROBAKOが大ヒットしましたが、 まさに主人公は宮森が制作進行としてしっかり成長した姿を描いているような印象を受けます。SHIROBAKOで描かれなかった、より難易度が…

「放課後さいころ倶楽部」5  「だるまさんがころんだ」を、勝ち負けのあるゲームにしてみよう

すべてのゲームは進化の途中である。すべての「SPIEL(楽しい)」は、時代や場所が変わればそれにふさわしい形に進化していきます。そして、時にはその進化の連続から、新しいゲームは誕生する 4巻でゲーム作りの話が出てきてから、徐々にプレイヤーとして…

「放課後さいころ倶楽部」4巻 作中でオリジナルゲームを制作!

ゲームは一人じゃ作れない。 繰り返し遊ぶ中でゲームは成長し、進化する。 他人にプレイしてもらう重要性を、デザイナーなら嫌というほど知っている。 批判を恐れ、自分のカラの中にいるうちはデザイナーにはなれない ゲーム好きが集まるだけあって、この作…